2017年01月22日

フルフォードレポート英語版(1/16)

トランプの大統領就任が近づくにつれて、世界戦争になるか政界政府となるか

ドナルド・トランプの大統領就任と西側革命が迫るにつれて、地政学的大役者達が最後の動きを見せている。西側軍産複合体は大きなタンクをポーランドに配置してその最後の大きな動きを起こした。これは外見上ロシアを対象としているが、本当は中国を対象としたロシアを含むキリスト教同盟による動きです。次期トランプ政権のの国務長官レックス・ティラーソンは南シナ海の中国基地を攻撃すると脅した。これらの挑発的発言の背景は中国が、国防総省で警鐘を鳴らしたインドネシア諸島の経済基盤整備の一環として1000万人を送り込んだことであると、アジアのCIA情報源は言う。国防総省は中国の動きとバランスを取るために南シナ海に新軍事基地を建設することを望んでいると、CIA情報源は言う。

中国は、1979年の中国−ベトナム戦争において、ロシアが機甲部隊を中国へ送ったときに、ケ小平はそれを水素爆弾で破壊した事を白龍会経由で西側に思い起こさせることで応答した。この軍隊の残骸はグーグルアースで見ることができる。そして、中国と戦争を始めることは良い考えではないことを思い起こさせることになると、中国諜報官は言う。

いずれにしても武力による威嚇は、トランプ大統領が始まると本格的に再開するこの惑星の運営を変える方法に関して重大な交渉に先立つポーズに過ぎない。その結果は、選択肢として核大虐殺は考えられないので、ある種の緩やかな民主主義的、能力主義の世界政府になりそうであると、交渉に関与している情報源は言う。

間違いなく、トランプ政権は第二のアメリカ革命であり、国際的秘密の不正政府の活動に深く影響を与えることになる。ロシア諜報部員達は先週、白龍会に接触してきてトランプが前進を認めることの再確認を求めた。彼らはトランプはケネディとは違って米軍の支援を受けているので暗殺される指導者ではないと白龍会に言われた。ここに、この件について国防総省が言わなければならないことがある。「軍がCIAの暴動行為を読みきっているのでトランプを叩くCIAの計画は起こりそうもない。国家の内戦の敵にはジュネーブ条約はなく、軍事法廷が迅速かつ致命的である」

しかし、彼の望むことは何でも行うことは許されないだろう、特にイスラエルに関してはと国防総省情報源は言う。「国連安全保障理事会はイスラエルへの制裁として1967年の国境を課す投票を1月17日に行うかもしれない」と彼らは言う。世界通貨の再設定のためには全ての紛争の和平と和解が必要なので、国際社会の意思に反するとイスラエル首相ベンニャミン・ネタニヤフとトランプは退場させられるかもしれないと、その情報源は付け加えた。

ロシアRSB(ロシア連邦保安庁)情報源は、2013年にトランプがロシアを訪問したとき、彼はバラクとミッシェル・オバマが寝ていた同じホテルの部屋で寝るチャンスを与えられた。「モスクワの赤の広場の周りの全てのホテルの部屋では全てが盗撮され記録されている」とオバマが寝ているベッドの上でトランプが売春婦に排尿させていることを記録したビデオを確認したFSBの情報源は言う。「そのときは彼は大統領になるとは思ってもいなかったので気にしていなかった」と、ロシアでVIPの警備会社を運営して、その録画のコピーを持っていると主張している情報源は言っている。しかし、ロシア人は彼は違法な行為は何もしておらず、この事件に関して彼らによって決して恐喝を受けては射ないと指摘している。トランプはすでに、彼の最初の海外訪問はロシアの大統領ウラジミール・プーチンに会うためにロシアへ行くと発表している。

いずれにしても、世界で起こっていることはドナルド・トランプについてではなく、歴史的革命の一側面である。この革命はEUを脱退する英国の投票で本格的に始まり、トランプの選挙で更なる進歩を遂げ、フランスの大統領候補ルペンが先週ニューヨークでトランプに会ったように、今度はフランスのEU脱退へ向かう。

仮にトランプが殺されたとしても、止める事のできない西側の権力構造における根本的な変化があったので、革命は続くだろう。選ばれてもおらず、腐敗したハザールマフィア所有のEUは欧州最大の国ロシアを含む民主的な欧州連合に置き換わるだろうと、グノーシス・イルミナティは言っている。このグループは落ち着いたときには北アメリカと同盟してアジアと50:50の新しい関係を交渉することになると、彼らは言う。

世界権力の変化は先週、スイスのダボスで行われた金権政治家の影響力低下でも見ることができる。今年出席した唯一の主要指導者は中国主席習金平であったが、これは良い動きではなかったかもしれないと、国防総省情報源は言う。習がダボスに出席したので、徒党工作員(ドイツ首相アンゲラ・メルケル)とビビ(ネタニヤフ)はトランプが排除される可能性えお持ち、かつクローンと置き換わられている習と会うことを避けるために出席を拒否したように、辞退したと、国防総省情報源は言う。NSAとグノーシス・イルミナティは共に、習はイブリン・ロスチャイルドに従属しており、本物の独立した中国の指導者ではないと主張している。ロスチャイルドは権力を失っているので、世界中の彼らの傀儡は置き換わりつつあると、その情報源は言う。これはすでに北朝鮮の金正雲によって起こっていると、アジアのCIA情報源は述べている。アジアの秘密組織は習は独立しており中国政府の同僚以外の誰にも従属していないと主張している。

いずれにしても、清掃が必要な本当の混乱は中国ではなく、米国であり、重大な廃除が展開し続けている。米国権力構造において小児性愛と関連する脅迫ネットワークはいわゆるピザゲートスキャンダルで解体され続けている。また、人工的旱魃と企てられたカルフォルニアの農場の奪取は地域的に操作された嵐によって終了している。また、5都市に150人のFBI代理人を派遣し、ニュヨーク警察と連携させて、クリントン財団の資金洗浄といわゆるイスラムテロ組織への資金提供について調査していると、国防総省情報源は述べている。これに対して、クリントン家は彼らの前後援者であるブッシュ家族、サウジとドイツの同盟者についてカナリアのように喋っている。

ISIS傭兵軍の背後にいるサウジ、イスラエルとCIAの派閥は、シリア攻撃によって戦争を挑発したり、中東の石油マネーのシェアを確保するために核脅威を使うことでトランプに対して脅している。これは、惑星全体が彼らの犯罪行為に嫌気をさしており、誰も彼らの喧伝にこれ以上騙されないのでうまく行かないでしょう。

一方日本では、奴隷政府首相の安倍晋三はヘッドライトで凍った鹿のように現実に墜落するように行動している。不正に選出された自民党政府は依然として彼らのボスであるロスチャイルド代理人のマイケル・グリーンとブッシュ代理人のリチャード・アーミテージに権力に留まって彼らに保護するように望みを掛けている。彼らはまた日本はブッシュとクリントンによる中国との取引の一環で中国に支配されると思っていたと、アジアの秘密組織の情報源は言う。これは日本が安定した地域権力バランスを維持するために韓国とロシアと同盟することになるので起こらないと、日本の右翼情報源は言う。

さらに、小泉純一郎の息子の小泉進次朗のような買収された手先は、小泉ジュニアが最近したように、彼らは日本の現在の人口を半減させることを諦めたということで日本の犯罪社会をがかかりさせた。欧州と米国の彼らのボスの清掃が完了すれば、日本でこれらの裏切り者の排除が起こることを見ることができる。

大統領弾劾と韓国最大の企業である三星を支配する家族への贈収賄調査によってアジアの他のハザール奴隷国家の韓国において、排除は進んでいる。

徳仁皇太子へのメッセージ:手遅れになる前に、そして日本の支配を金正雲に手渡す前にあなたの国を救いなさい。何をしていいのか分からずに助けが欲しいなら日本の白龍会代表に接触しなさい。時間は無くなっている。

いずれにしても1月20日にトランプ大統領が就任すれば、世界の事件における現在の行き詰まりは成功へ切り開く。旧体制にしがみつく人々はそれと共に歴史のトイレに流されるでしょう。「これは明らかに崩壊しており、旧企業メディアの人々もこれを報道し始めている」とあるイルミナティの情報源は述べている。来るべき革命を受け入れ、地球を救いたい人は新黄金時代を始める仕事に手助けする機会に恵まれる。
posted by マジケン at 18:35| Comment(0) | Benjamin Fulford Report

フルフォードレポート英語版(1/9)

最後の徒党の地下基地が制圧されると新しい時代へのカウントダウンがはじまる

最後のハザールマフィアの地下基地と拠点が陥落するのに伴い、地球をめぐる戦いは終わりに近づいていると、白龍会情報源は報告している。しかし、まだドナルド・トランプの1月20日の大統領就任が近づくにつれて、東と西の間で強力な最後の抜け目ない取引が行われていると、その交渉に関与している情報源は言う。我々の惑星と種は危機に瀕している。

終了すべき大きな戦いは、この惑星の本当の力の源であるお金を作り配布するプロセスを当に支配する人に関することである。別な言い方をすれば、危機にあることは種として我々が将来何をするかを決めるプロセスである。

トランプの大統領就任まで一週間あまりに迫っているが、彼の名前に関わらず、この高い掛け率の世界ポーカー試合において切り札を持っているのは彼だけではないことに注意する時期だ。

第二次世界大戦後、米ドルは事実上の世界通貨になったとき、それは金塊と世界GDPの50%によって裏打ちされていた。今はいわゆる米ドルは何にも裏打ちされておらず(米国は金塊を持っていない)、そして米GDPはIMFの測定によれば購買力平価基準で世界GDPの15%である。さらに米国は第二次世界大戦の終了時には世界最大の債権国であったが、今はこの惑星の歴史上最悪の負債を持った国である。

反対に、中国は世界GDPの17,9%を支配しており、金塊も十分持っており、世界最大の債権国である。中国主導のアジアインフラ投資銀行のメンバーは、100カ国を超えており、世界GDPの80%を占めているが、米国と奴隷国家日本は、最終的に反AIIB保有額として20%以下を占めるのみである。

このことは、中国とその西側同盟国が世界金融システムの支配を獲得しようとすれば、彼らは成功することを意味している。

しかし、米軍産複合体はその多くが秘密の宇宙高度技術計画に関連している多くのカードを持っている。米科学アカデミーによると米秘密政府は国家安全保障上の理由で秘密にされている6000件の特許の背後にある技術の多くを含むこれらのカードを切る準備をしていると、国防総省当局者は言う。これらの秘密のいくつかが明らかにされるとき、我々が答えを求めている本当の疑問は二つの別個の現実なのか?宇宙植民地に関することと地球の境界が一つに合体しようとしているのか?

白龍会とその同盟者は、1970年代に有人宇宙探検が突然止められた理由のようなものについて答えを要求し受け取っている。それは、地球を離れようとする全ての有人探査機は表向き電離層によって破壊された多くの事故から明らかになっている。

白龍会の代理人は諜報機関の情報源から、表の米国大統領を超える高レベルの許可によって、銀河系間戦争に敗北した後、非常に危険な実体がここの保護層を取り払ったので、この惑星は隔離されていると伝えられた。これらの実体は今は降伏しており、この過程でこの惑星上の人質の人々を解放していると、これらの情報源は言っている。

これらの人々が言うことが真実であれば、近い将来、慈悲深い銀河勢力が南極大陸でワームホールを開き、地上の人類が宇宙全体と接触することを可能にしてくれる。今月、ロシアのウラジミールプーチンがそこを訪れる最新のお偉方になる予定である。

https://themoscowtimes.com/articles/putin-to-visit-antarctica-21017

第二次世界大戦以降初めて、米国が航空機運搬船をすべて港に閉じ込めている事実は何かが起こる予兆かもしれない。そうであれば、我々はまもなく南極からある大きな衝撃的声明を期待できる。待ちましょう。

これは多くの我々に受け入れられるように思えるが、この惑星上で高度の難解な戦いが行われていることは間違いがない。

たとえば、西側の指導者達が大量殺人に関与していたことが法廷や戦争裁判で支持されている多くの証拠がある。過去から離れることなく、20世紀に殺された何億の人々のことは置いて置いて、2000年以降の出来事を見てみましょう。そのとき以来、国際法を無視して、テロと大量殺人を使い自国民と他国を戦争に駆り立てる政権が米国にできた。

最新のテロキャンペーンは2001年9月11日の偽旗テロ攻撃によって始まった。米指導者は中東に侵入して、数百万ではないかもしれないが数十万人を殺した。また大規模パンデミックを始めるために、HIV、SARS、エボラ、鳥インフルなどの生物化学兵器をばら撒いた。西側指導者達は、農民を食料に代わって燃料を育てるように買収して大規模飢餓を造り出すためにドル印刷システムを使った。また、ハイチ、インドネシア、日本などに対して核兵器による地震や津波を使った。これは大量殺人であり、ジョージ・ブッシュ・ジュニア、ヒラリークリントン、デイビット・ロックフェラー等の人々に直接つながっている。

世界の人口の90%を殺す運動に参加することと引き換えに、元日本の蔵相竹中平蔵の代理によって日本の蔵相の職の提供を私が受けたときに録音した私が持っているテープの全てのコピーを消去しようと企み、最近私の家に誰かが押し入った。

竹中はこの計画の背後でロスチャイルドとロックフェラーのハザールマフィアのために仕事をしている。私はまだこのテープの多くのコピーを隠し持っているが、彼らがこの証拠を消そうとした事実は、これらの人々がいかに恐れているかを明瞭に示している。

彼らの益々汚く必死の心理戦争戦術は、これらの人々がいかにパニックに陥っているかの兆候である。何の証拠もなしにロシアが米国の選挙を乗っ取ったと主張することでトランプ大統領就任を混乱させる先週の哀れな企てを見てみましょう。トランプの大統領就任を混乱させるこの絶望的パスは、事前投票の再集計のように完全に失敗したので、トランプ暗殺を含む何か別なことを彼らは行うかもしれない。フランス、ドイツと今はイスラエルの彼らの偽のトラック攻撃もまた望む結果を生まなかった。人々は大衆を操作するためのストリートシアターに免疫ができたので、彼らの声明の数分以内に偽旗攻撃が日常的に暴露される。
それは、トランプの背後で軍とその機関ホワイトハットの勝利のお陰で、この政権が権力を失ったからである。白龍会自身は、南アフリカ風の真実と和解委員会を設置するだろう。

トランプの大統領就任まで、いくつかの作業を進めている。大赦を拒否した徒党が終わったようにより深い地下軍事基地は破壊されたことは、国防総省情報源がその行為の状態を述べた通りである。ニュヨークの核兵器は解除され、バンクーバーの地下鉄は破壊されたと、その情報源は言う。

1月15日のパリ会議もまた、ハザールマフィアの最後の拒否者であるイスラエルに二国間決議を課すために召集され、そこの政権に本当に平和を作ることを強制する制裁を使用することになると、その情報源は言う。世界はイスラエルの苦悩や人類に対する犯罪に苦しんでいると指摘している。

取引の話に戻すと、西側軍産派はアジアの対して二つの挑戦をしている。一つはアジアと対等な立場に立つために、ロシア、欧州、アメリカとアフリカのキリスト教はとキリスト教同盟を模索している。もう一つは、彼らはハザールマフィアのような国際的犯罪グループが二度とこの惑星上で戦争、テロと苦しめをさせない能力主義、民主的で透明な新世界構築の創造を支援する。

全体に、犯罪者の排除が終われば、西側軍産複合体は人類への奉仕に技術力、軍事力を提供するだろうと、国防総省とその機関情報源は言う。

そして、2017年が始まり、新しい年が展開を始める。黄金時代にしましょう。
posted by マジケン at 18:34| Comment(0) | Benjamin Fulford Report

フルフォードレポート英語版(1/2)

酉年にわが身を振り返るハザールマフィア鶏

ハザールマフィアの人類に対する長い罪のリストに終に追いつき始めた2016年ほど、「自分で播いた種は自分で刈る」が真実であった年はなかった。その年は、ロックフェラー、ブッシュ、クリントンやジョージ・ソロスやバラク・オバマを含む多くのハザール暴徒幹部が権力や実世界から撤退するのを見てきた。我々は英国(Brexit)と米国(ドナルド・トランプ軍事政権)においてハザール支配政権の終了を導いたアングロサクソン世界における反乱を見た。2017年酉年の今年は、鶏は本当に家に帰る。今年はハザール暴徒支配の最終掃討が行われて、大量逮捕、犯罪裁判と政権交代の年になるだろうと、国防総省、グノーシス・イルミナティ、アジア秘密結社と白龍会の情報源は皆認めている。

米国では15,000人以上のハザール暴徒の逮捕が1月1日からすでに始まったと国防総省情報源は言う。911、イラク不法侵略、日本の福島津波核テロ攻撃や人類に対する他の犯罪の加害者は逮捕されており、全ての主要マスコミにおいてこのことが公表されるだろうと、白龍会情報源は言う。

キャンプ・デービット地下のクローン基地をはじめ、ネバダ、デンバー、ニュージーランドの徒党地下基地は破壊された、そしてオーストラリア、サンディエゴ、ハワイとアーカンソーの多くの基地が攻撃対象となっていると、国防総省情報源は報道している。「徒党はニュージーランド、コンゴ、ブラジルやパラグアイに逃げ込もうとするので、彼らを止める行動が増えるかもしれないと、その情報源は保証している。

一方アジアでは、政府レベルでハザールマフィアの首切りが実感でき始めたように、恐怖、混乱と希望があると、複数の情報源は認める。日本では特に非常に多くの秘密の行動があると、日本右翼情報源は言う。

我々は日本皇室と安倍晋三首相の内閣の情報源から、雅子皇太子妃の父親でもある国際司法裁判所判事小和田恒が日清戦争補償拠出債権を現金化しようとして先週スイスのBISで拘束された。小和田は元日本総理の福田康夫と小泉純一郎が日本外務省特別資金を株式市場に投資した際の損失を補おうとしたと、その情報源は言う。「彼は皇太子妃の父親ではあるが、天皇ではないので、彼は逮捕された」と皇室家族に近い日本の右翼は述べている。

小和田はロックフェラーの日本の最高幹部の一人なので、彼の逮捕は日本の既存勢力に衝撃を与えた。他の上級ロックフェラー代理人の三極委員会の小林陽太郎は、龍族のようなものはいないと主張して、無駄にも高額の金融商品を現金化しようとしていると、日本右翼情報源は言う。

米大統領としてヒラリークリントンの選挙運動に多額の投資をしていた中国と日本の既製勢力はいまだに、西側最高水準の政権交代を彼らにもたらしたこの損失の衝撃に驚いている。

日本の天皇の発表された退位は4月に行われる予定であったが、小和田の逮捕で明らかなようにハザール代理人が日本銀行の乗っ取りを完結するには間に合わない。

明治天皇の母親がハプスブルグ家の皇女であったと言う暴露は広く皇室家族に衝撃を送ったと、右翼は述べている。男系に日本皇室を引き継ぐ女系を使う計画は小和田の娘の雅子が皇室に侵入したことが背後にあることが明らかとなったと、日本皇室家族メンバーは言う。それが女性を天皇位に認める大きなメディア運動があった理由であると、彼らは付け加えた。

いずれにしても、ハザール人はASEAN、日本と朝鮮半島をヒラリ−を当選させる中国の援助と引き換えに与えると約束していたとアジア秘密社会情報源は確認している。それが天皇が退位する理由であったが、今はこれらの計画は止められている。(誰が止めてくれているのだろうか?)

日本時間1月1日に掲載された共同通信の記事はロシアとシリアに対するハザール奴隷政権決議を支持することを拒否した政府を非難して、日本の旧政権の代理人たちの混乱と怒りを示している。「日本の立場・・・G7声明とすべきものを6カ国グループの声明にした」と報道機関代理人は記事に嘆いている。

日本の広告代理店において独占に近い電通の石井正社長は日本のメディア支配のシステムは変わったという明確な兆候として、先週辞任を発表した。電通は広告の拒否や脅しで日本のメディアを支配してきた。そこで行われている排除は日本の大手企業メディア会社で働く訓練された特殊部隊がやがて異なるトーンで吼えることを意味しており、共同通信のような代理人はハザール宣伝に対して口笛を止めるだろう。

日本の財務大臣麻生太郎もまた、彼はロスチャイルのフランス支部に直属し、日本銀行を国有化して負債奴隷から日本を開放する努力を阻止しているので、排除される可能性が高い。

日本政府が、戦争犯罪人であるイスラエルの首相ベンヤミン・ネタニヤフが2011年3月11日に日本の首相菅直人に電話して、日本政府が外貨保有をハザールマフィアに譲渡しない限り、東京市民の大量虐殺を脅したことに関する所有するテープを今、公開する勇気があるかどうかを見ている。

「安倍はネタニヤフを非常に恐れているので、彼と直面するくらいなら辞任したいと思っている」と、日本の右翼情報源は言っている。たとえ安倍が臆病者でも、ネタニヤフの残された日は少ない。安倍が311に関する行動を拒否すれば、退任させられるだろうと、日本の右翼情報源は言う。日本はまた、グノーシスイルミナティから更なるイスラエルとハザールマフィアの日本への攻撃は、例えばイスラエルを抹殺できる500メガトンの核兵器によって報復されることになると伝えられている。

いずれにしてもネタニヤフはすでに多くの犯罪訴訟に直面している。国連安全保障決議2334は国際刑事裁判所にイスラエルを戦争犯罪、人口移動、違法居住他によって訴追するための法的基盤を提供していると国防総省情報源は言う。

ネタニヤフはまたイスラエルにおいて詐欺や贈収賄といった刑事訴追に直面している。

http://www.independent.co.uk/news/world/middle-east/benjamin-netanyahu-israel-fraud-bribery-criminal-claims-investigation-arnaud-mimran-a7497016.html

イスラエルの当局者が気付かなければならない重要なことは、彼に対する犯罪訴追を強行し、ネタニヤフはユダヤ人ではなく、悪魔でありユダヤ国民の宿敵であることである。

ネタニヤフはドイツアンゲラメルケルと共に、今権力についている二人の最高のハザールマフィア代理人であり、最も優先度の高い標的であると、グノーシス・イルミナティと国防総省情報源は認める。

全体に見て、我々が今見ていることは、人類の勝利と自由はすでに保障されているので、掃討作戦であると白龍会情報源は言う。うまく行けば年の前半に掃討が終了して、我々はより前向きで建設的な仕事を始めることができる。2017年が全てうまく行けば、世界平和と貧困を終わらせ環境破壊を止め、新黄金時代が始まることを意味している。
posted by マジケン at 18:34| Comment(0) | Benjamin Fulford Report

フルフォードレポート英語版(12/27)

ドナルドトランプが戦争犯罪人ベンニャミン・ネタニヤフ(Benyamin Netanyahu)の崩壊を止めようとすると、彼の首の鎖はグイッと引かれるだろう。


表の米国大統領に選出されたドナルド・トランプは、戦争犯罪人であるベンニャミン・ネタニヤフを含むハザールマフィアの最終崩壊を妨害しようとすると、彼の首の鎖を引かれることになると、国防総省とその機関は言う。

その崩壊は今、掃討段階に入っていると国防総省情報源は言う。徒党の最後の拠点であるデンバー空港の広大な地下基地は米国、ロシア、その他の軍隊の派遣を受けて、多くの襲撃を行い掃討が進行していると、その情報源は言う。他の作戦では、10万人の子供セックス奴隷がロスアンジェルスのゲッティセンターの地下基地から解放されたと、彼らは付け加えた。

先週、チリ南部は大まかに言えばバジロチェとパタゴニアのナチ領地を揺らすために地震兵器で攻撃されたと、彼らは言う。

イスラエルのハザール本拠地は今、ヨルダン川西岸の不法居留地建設を非難する国連決議が可決されたようにかってない攻撃を受けている。

米国の棄権によって14−0の国連投票は、ならず者国家にパレスティナ問題に対する二国間解決を強制することを狙った多くの国連決議につながるであろう。

ロシアのトルコ大使の殺害とイスラエルによる黒海上でのロシア航空機の撃墜はロシアにイスラエルに対する国連制裁を追及し、世界中のISIS/モサド資産を求めることによってテロに対する本当の世界戦争を開始する道徳的かつ法的根拠を与えたと、国防総省情報源は言う。

対抗手段として、戦争犯罪人ネタニヤフはモサド長官をドナルド・トランプに訪問させて、彼が反イスラエル決議を拒否したと言わせる声明を出させた。しかし、掃討中のデンバーのハザール基地では、ハザール人はすでに彼らの意思を米政府に課す軍事的力はないと、国防総省は情報源は述べている。

CIAに残っているハザール代理人はトランプによるブッシュ派の大規模掃討に備えていると、CIA情報源は言う。改革されたCIAは無人偵察機による攻撃と麻薬運搬を止め、公開された情報源の情報同様、人類情報活動に集中していると、その情報源は言う。

孤独なイスラエルは今、空陸海封鎖への直面と、国家として国際法の遵守を強要する他の行動が予想されていると、国防総省と機関情報源は認める。サウジアラビアのハザール政権もまた、その様々な野蛮な慣習を止めるよう強制されるであろうと、彼らは言う。

ニューヨークとホワイトハウス近くの核兵器を解体するために送られたロシア傭兵軍と特殊部隊によってドナルド・トランプによって十分な安全保障措置が取られていると、国防総省情報源は言う。ワシントン地下の一つの核兵器がすでに解体されていると、彼らは付け加えた。

ハザール人は重大な金融危機を作り出すことによる反抗を計画していると、ロスチャイル家を含む複数の情報源は認めている。ここに、バロン・ジェイコブ・ロスチャイルドの娘であるバロネス・ハンナ・ロスチャイルドが語らねばと主張しているツイッターのアカウントがある。

‏@BssDeRothschild 14時間前、2017年は米国にとって恐ろしい年になるであろう。雇用問題、ハイパーインフレ、多くの負債と弾劾 メリークリスマス、愚か者の皆さん

彼女はまた多くのトランプに対する死の脅迫をしており、取り下げる必要があると、CIA情報源は言う。

新年に急激に加速する金融危機は、世界中の金利を激しいレベルまで増加を引き起こす大きな圧力によって、すでに始まっている。これはハザール暴徒家族による債券市場における巨額売却によって行われている。計画された結果は負債を持つ新興国経済を麻痺させ、米国のような負債奴隷にさらにカード、車、家そのほかのローンの支払いを増やさせて罰することにある。計画は企てられた経済困難をトランプの所為にすることであると、ロスチャイル家情報源は言う。

しかし、この企てられた経済攻撃を実行不可能にする家族内の対立がある。

その前面で、我々は国防総省が言うように殺されておらず、隠れているだけだと言っているナザニエル・ロスチャイルドからの言葉を得ている。

ナザニエルに接触した情報源は言わなければならないことがここにある。「彼の家族のメンバーは次の家族の長としての地位を失いかけている。彼らは彼を排除はしないのは、彼にやってくる指導者への昇格を止めさせたい家族によってのみ使われる特別に準備された文書に彼のサインが必要であるからである。



その情報源は、「家族内の戦いは続いている」と言っている。彼らは世界金融システムの支配権を失っているが、上海金交換所を通じて、舵を握っている中国のクラブに依然として残っており、彼らは主要なプレーヤーである。

金融戦争に関して、アジアの王室血統の情報源が言わなければならないことがある。

「多くの緑のドル(米国発行ドル)を持つ人々は、それを何とかしたいと考えており、金塊に変えたいと思っている。これは世界中で起こっている。問題はほんの一握りの人しか、それを動かせないと言うことである。あなたが数十万トンあるブラック金塊について話しているのでなければ、それは証明されていないので、たった10の正規代理店しかそれを取り扱うことは出来ない。保証された金塊は単に売却の印ではなく、その動きを記録されている。ボーイズもまたタイに保管されているイラン・シャーの金塊にこれを行っていることを思い出してください。多くの人々は、我々がそこらで見かける偽の紙のように、あなたが所有しているような紙ではなく、本物を望んでいる。それが来月は非常の興味深いものになる理由です。実体金塊への争奪が今起こっている。元帳から外された金塊も徐々に公式市場に戻ってゆくことになり、やがて保証されることになる。我々は中国、ロシアとタイが、新しい金塊裏付け通貨を準備する際に、この移行に関与する主要プレーヤーになるだろう。中国が数年前にバンコク空港の近くの大きな広告掲示板にニュースを出したことを忘れないで下さい。真実はそこに置かれました。

最近、BRICSについて言及していない理由に戸惑っていますか?それは内部で混乱が起こっているからである。彼らは今、彼らの戦略の構築をしている。彼らは彼らの通貨を担保する実態金が必要になるだろう。

同じ情報源は、デイビット・ロックフェラーは死んでいると言う情報は正しい。彼は今、The Baseに留まっている・・・彼をホノグラムで撮影していなければ、彼をを聞くことも見ることも出来ません。今もエリートクラブにいる他者がいる。私は現場からリストを入手しようとしているので、手に入り次第あなたに送ります。私は数日前、ビルクリントンがThe Baseへのアクセスを取り消されたと言う情報を得た。ヘンリーキッシンジャーには鞘が用意されている。彼はまもなくレーダーから消える可能性が高い。

300人委員会の長であるエリザベス2世女王もまた、自宅逮捕下にあると、国防総省情報源は言う。これは女王の予定されたスケジュールへの公の登場のキャンセルによって部分的に確認できる。しかし、王室に近い情報源は、女王はグノーシスイルミナティが彼女を狙っていると言う報告を受けたので、安全保障上の予防策として公への登場を避けているだけだと言っている。

グノーシスイルミナティによって標的にされている他の良く登場する血統家族の公人はアドルフ・ヒットラーの娘でありロスチャイルド家のメンバーであるドイツのアンゲラ・メルケルである。イルミナティはドイツ軍と特殊部隊のメンバーが来年中に彼女を権力の座から廃除すると言っている。最近の偽ドイツトラックテロ攻撃とそれに続くメディアのメルケル非難を掲げる運動はその運動の最初のラウンドであると、彼らは言う。

2017年はまた秘密の宇宙計画とETの人々が長い間待っている公開の時になるかもしれない。南極基地の情報源からの次の引用は私が信じるには良い多くの証拠が必要ですが、それにもかかわらず、ここにある。

「徒党は南極で発見した物に完全に驚いている−それはバズに心臓発作を引き起こさせた。内部に非常に大きな容器がある。ジョン・ケリーが選挙の日にそこに居た理由です。同時に冷凍された動物と人間。12−14フィートの人間がポットの中に留まっており、今目覚めている。

南極について我々が確認できる一つのことは、北極はグーグルアース上で定常の地図の一部として表れているが、南極はそこには見つけ出すことが出来ない、その代わり多くの線が収束する地点まで地図が消えて行く。我々はその理由を推測することが出来る。
今週、そして今年の最後のメモは12月25日は新太陽年の最初の日です。クリスチャンは実際のイエスキリストの誕生日を知らないので、彼らは古い異郷の太陽新年の祭りと彼の誕生日の祭りを融合させた。だから、休日の精神で、我々は読者にメリークリスマスと新年を祝います。2017年が最良の年になりますように。
posted by マジケン at 18:33| Comment(0) | Benjamin Fulford Report

2016年12月23日

フルフォードレポート英語版(12/19)

Old reality fading quickly as pole shift now fully underway

December 19, 2016
Author: Benjamin Fulford
The collective story by which humanity has been herded into the future is undergoing a pole shift, and the old reality is fading rapidly. The story by which the world, especially the Western world, has been living in was one of a never ending war on terror and an engineered clash between Islam and Christianity. The mass murdering criminals whose “social engineering” has perpetuated this story are being hunted down and killed or else are under house arrest or in hiding.
One of the most senior members of the cabal behind the atrocities in Syria and elsewhere, Bishop Javier Echevaria, the head of the fascist Opus Dei Vatican organization was killed last week after he tried to overturn the election of Donald Trump as President of the United States, Pentagon sources say. The Vatican says he died of natural causes.
Three independent sources, one CIA, one Pentagon and one bloodline are also saying that David Rockefeller and Nathaniel Rothschild, the respective bloodline leaders of the US and the EU were also killed last week. No confirmation of this has been obtained, as of the time of this writing from either the Rockefeller or Rothschild families.
The sources also say the Clintons, the Bushes, Senator John McCain and many other cabal leaders are under house arrest and are only allowed out under carefully chaperoned circumstances pending their war crimes trials.
We certainly hope these trials will materialize but in any case it is very clear that the people who have been running the planet (especially the West) until now are in a state of deep panic.
Part of the reason for the panic is that an updated membership list of the committee of 300, the secret government of the West, has been made public.
http://worldtruth.tv/illuminati-leak-current-membership-of-committee-of-300/?utm_source=feedburner&utm_medium=email&utm_campaign=Feed%3A+ConsciousnessTv+%28Consciousness+TV%29
The fact is that even if these people are now backing away from the never ending war on terror scenario and are instead pushing for a global carbon tax, they have been so incompetent at ruling this planet that they have provoked a mass popular uprising against their rule. This tweet, on an account allegedly put up by AnadeRothschild, captures the sentiment: “Pat Taylor ‏@PT_Fino 11月29日 @AnaDeRothschild I’d like your entire bloodline to be executed on live TV. Call me old fashioned.”
https://twitter.com/BssDeRothschild/status/803212260156080128
This is why they are now in a state of deep funk.
A visible manifestation of their desperation is the hysterical claims by the corporate media and compromised intelligence agency sources like Saudi loving CIA director John Brennan that “Russian hacking” was responsible for the election of Donald Trump. Just like the Washington Post was forced to back off from a list of “fake news” sites it published recently, the Russians are now demanding that US Presidential spokesperson Barack Obama prove the allegations or apologize. This failing Russia story is a clear indication their ability to control the world story is over.
Another sign of the panic among the leaders of the collapsing old regime is the fact that Hillary Clinton and Obama both contacted the White Dragon Society last week to say that they were not responsible for the March 11, 2011 tsunami and nuclear terror attack on Japan. They claim, as do the Gnostic Illuminati, that Russia’s Vladimir Putin was the person behind that operation.
Multiple sources have confirmed that the nuclear weapon used for that attack came from the Russian submarine Kursk that sank in 2000. At the time the Rothschild agent Dr. Michael Meiring told the WDS the Rothschilds were responsible for that attack. ***Since both the NSA and the gnostic Illuminati claim Putin takes orders from Jacob and Evelyn de Rothschild, claims of his involvement in 311 may well be true.
The Rothschilds, for their part, say they take their orders from the P2 Freemason lodge. It is a fact that self-described P2 heir apparent Leo Zagami sent threatening and bragging e-mails immediately after 311 (Fukushima) and made threats to destroy Tokyo as well. Japanese government sources confirm the threats to Tokyo from the P2.
Another very interesting P2 freemason connection to Japan has also come out. Zhang Shengzhi, a man who claims (and provides documentation to back this), to be an heir to the Manchu throne says the mother of the Meiji Emperor was a Hapsburg princess who was also a renowned photographer. A cousin of the Japanese emperor says this claim is likely to be true “because there were a lot of Jews in the town where the Meiji Emperor came from.” Since the Hapsburgs claim to be descended from the Caesars, as do the heads of the P2, it means Japan has been a Roman colony since the Meiji era with the imperial family being used as proxy rulers.
Zhang, who was mentioned in the May 5th, 2015 edition of this newsletter, says he provided the Japanese government with documents proving his claim that he was the rightful heir to the gold that was used to set up the Bank of Japan. The Japanese government did not openly dispute his claim, he says. However, after he presented the documents he was beaten up by three thugs and then arrested. He was held for 23 days, the maximum time a person can be held in Japan without charges being laid, and was then forcibly confined in Tokyo’s Musashi Mental hospital. Zhang was finally able to get out after sympathetic doctors, who could tell he was not insane, allowed him to check himself out recently, he says.
Zhang, the Showa Emperors’ cousin and many other sources also claim the current emperor of Japan is not from the Japanese royal family. If that is the case, then the right to issue Japanese yen and the Bank of Japan are based on nothing but fraud.
Of course the same can be said of the Federal Reserve Board and the EU central bank. In the US major moves against this fraud continue. One example is that the US Supreme Court refused to hear an appeal by former AIG CEO Hank Greenburg seeking to avoid fraud charges for hiding massive losses from investors, Pentagon sources say. This opens the way to mass arrests of other Wall Street executives.
Also, the Supreme Court ruled 8 to 0 in the Shas vs US case that bank fraud statutes apply to those who defraud bank customers as well as to the banks “making bank execs liable for screwing customers,” a Pentagon source notes. The big law firms, like sharks smelling blood, are preparing for a Wall Street feeding frenzy.
The high ranking consiglieri of the old regime like George Bush Jr., Condoleezza Rice, Jim Baker and Bob Gates are lobbying hard for Exxon Mobil CEO Rex Tillerman to be made Secretary of State but that “this will not save them from 911 and war crimes charges,” the Pentagon sources say. Henry Kissinger, long term Rockefeller bagman, is now a Ronin (masterless Samurai) desperately kissing Trump’s ass in the hopes of retaining influence.
There were more confirmations last week that the incoming Trump government in the US is basically a military one. Former Navy Seal Commander Ryan Zinke was named to the Department of the Interior while former army Lieutenant General Keith Kellogg was selected as Chief of Staff of the National Security Council.
This government is taking a military approach to the Khazarian mafia, which means either killing them or forcing them to surrender. There is some sort of battle going on in and around Denver, Colorado, the Pentagon sources say, confirming that foreign troops are converging there. This writer has seen with his own eyes the masses of fenced in areas and air-ventilation shafts around Denver airport. This is apparently one of the final Khazarian strongholds and it is being taken down.
The US military also claim they were able to neutralize nuclear weapons that were to be used in false flag attacks in Yellowstone, near the Trump tower in New York and Mt. Lassen in Northern California.
Furthermore, Pentagon sources say US, Russian and Iranian special forces are working together to “terminate” ISIS forces in Palmyra, Syria. There was also a big earthquake in Papua New Guinea indicating the Khazarian submarine base there is under attack, the sources say.
Special forces are also being sent to the Getty Center in California to flush out Satanists living under it, WDS sources say. The museum was built at a cost of $6 billion at a time when a 1000 room casino could be built for $500 million because most of the work was underground, the sources say.
The gnostic Illuminati say the entire current world power structure is crumbling and will be replaced by something new and better.
Source: Antimatrix.org
***A NOTE FROM THE POSTER: No doubt, quite reliable sources indeed...

-----

フルフォードレポート英語版(12/19)
ポールシフトが全面的に進行しているので、古い現実は直ぐに消える

人類が将来に抱かれた総体的ストーリはポールシフトを経験しており、古い現実は急速に消えてゆく。世界、とりわけ西側世界が生きてきたストーリはイスラム教徒とキリスト教徒とのテロと工作された衝突の決して終わらない戦争の一つであった。その社会的工作がこのストーリを永続させてきた大量殺人犯罪者は捜索され、殺されるかあるいは家の中で拘束されているか隠れている。

シリア他で残虐行為の背後にいる徒党の最高幹部の一人は、ハビエル・エケバリア司教であり、バチカンのファシスト・オスス・ディ・バチカンの組織長は米国大統領のドナルド・トランプの選挙を覆そうとした後、先週殺されたと、国防総省情報源は言う。バチカンは彼は自然死であったと言っている。

3つの独立した情報源である、CIA、国防総省と血統家族はともに、米国と欧州の血統家族の指導者であるデイビット・ロックフェラーとナザニエル・ロスチャイルドは共に先週殺されたと言っている。これを執筆している時点ではロックフェラーやロスチャイルドからも確認は取れていない。
その情報源はまた、クリントン、ブッシュ、上院議員ジョン・マッケインと他の多くの徒党指導者たちは自宅監禁されており、戦争犯罪裁判が行われるまで慎重に保護されている。

我々はこの裁判が実行されることを願っていますが、いずれにしても、この惑星、とりわけ西側を運営してきた人々は今のところ、深いパニック状態にある。

このパニックの理由の一つは、西側の秘密政府である300人委員会の更新されたメンバーリストが公表されたことだ。

http://worldtruth.tv/illuminati-leak-current-membership-of-committee-of-300/?utm_source=feedburner&utm_medium=email&utm_campaign=Feed%3A+ConsciousnessTv+%28Consciousness+TV%29

事実は、これらの人々がテロのシナリオに基づく決して終わらない戦争から交代して、世界炭素税を推進しているとしても、彼らはこの惑星の支配において無能であったので、彼らの支配に対する大規模な大衆蜂起を引き起こした。伝えられるところではAnaderothschildによって書かれたアカウントのつぶやきはその感情を捉える。Pat Taylor ‏@PT_Fino 11月29日、AnaDeRothschildの全ての血統を生TVで放送したい。私を古風な人間と呼んでください。

https://twitter.com/BssDeRothschild/status/803212260156080128

これが今彼らが深い恐慌の状態にいる理由です。
彼等羅の自暴自棄は企業メディアとサウジを愛するCIA長官ジョン・ブレナンがロシアのハッキングがドナルドトランプの占拠に責任があると言う危うくされた情報機関筋に酔って主張されるヒステリックな主張です偽ニュースサイトのリストから撤退を余儀なくされたワシントンポストのように最近、ロシアは今米大統領スポークスマンバラク・オバマのは疑惑を訴え、謝罪するよう要求する報道をした。この失敗したロシア物語は世界物語の支配能力が終了したことを明確に示している。

崩壊する旧体制の指導者達のパニックの他の兆候は、ヒラリー・クリントンとオバマが共に先週、白龍会に接触してきて、彼らは2011年3月11日の日本に対する津波核テロ攻撃は彼らに責任はないと言ってきた。グノーシスイルミナティのように、彼らはロシアのウラジミール・プーチンがその作戦の背後にいると主張している。複数の情報源はその攻撃に使われた核兵器は2000年に沈んだロシア潜水艦クルスクから取り出したものであると確認している。その時、ロスチャイルド代理人ミハエル・メイリングは白龍会にロスチャイルドがその攻撃に責任があると話した。NSAもグノーシスイルミナティもプーチンはジェイコブとイブリンロスチャイルドから命令を受けており、311への彼の関与は本当かもしれない。

ロスチャイルドはP2フリーメーソンロッジから命令を受けていると言っている。自称P2の後継者であるレオ・サガミは、311直後に、脅しているようで自慢している電子メールを送り同様に東京を破壊すると脅した。日本政府情報源はP2から東京へのその脅威を確認している。


日本とも繋がりのある非常に興味深いP2フリーメーソンも出てきた。張正智マンチュー王朝の後継者と主張する(これを裏打ちする記録も提出)男であり、明治天皇の母親はハプスブルグ家の皇女であり、有メイン写真家であったと言う。日本天皇の従兄弟はこの主張は真実である可能性が高いと言っている。何故なら命じ天皇の出身地はユダヤ人が多くいたからである。P2の幹部と同様ハプスブルグ家はシーザーの子孫であると主張しているので、それは支配者の傀儡として使われた皇室家族によって明治時代から日本はローマの植民地であることを意味している。

2015年5月5日のこのニュースレターで言及された張氏は、彼は日本銀行設立の為に使われた金塊の正当な継承者であると言う彼の主張を証明する書類を日本政府に提出した。日本政府は彼の主張に正式に異議を唱えていないと彼は言う。彼は23日間拘置され、それは人が基礎なしに拘置できる最大の日数であり、そして東京武蔵野精神病院に強制収容された。張は最終的には交感神経の医師が変えは狂気ではないと言い、さらに自分自身をチェックすることを許可した後、解放されたと、彼は言う。

昭和天皇の従兄弟である張と多くの他の情報源は現在の日本の天皇は日本の皇室家族ではないと主張している。もしそうであれば、日本円の発行権と日本銀行は詐欺だけに基づいている。もちろん、FRBとEU中央銀行についても同じことが言える。この詐欺に対する米の主要な動きは続いている。一つの例として、米最高裁判所は元AIGのCEOであるハンク・グリーンスパンが投資家から大規模な損失を隠していた詐欺の罪から逃れようとしている彼の訴えを聞くことを拒否していると、国防総省情報源は言う。これがウォール街の幹部達の大量逮捕への道を開く。

また、最高裁はシャーと米の訴訟において、銀行詐欺の法令が、銀行幹部に対して顧客を脅かす責任を負わせる銀行と同様に、銀行の顧客を欺く者に対しても適用されると8:0で判決したと、国防総省情報源は述べている。大手法律事務所は血の臭いをかぐ鮫のようにウォール街の報道合戦に備えている。

ジョージ・ブッシュ・ジュニア、コンドリーザ・ライス、ジム・ベーカー、ボブ・ゲーツのような旧政権の高官たちはエクソン・モービルのCEOレックス・ティルマンが国務長官になるように懸命に訴えているが、これが911の戦争犯罪の罪から彼らを救うことにはならないと、国防総省情報源は言う。長年ロックフェラーのかばん持ちであったヘンリーキッシンジャーは今は影響を抑えるために必死にトランプのおしりにキスをしている浪人である。先週、米国に入ってくるトランプ政権は基本的に軍事政権であることが確認された。元ネイビーシール司令官のライアン・ジンクは内務省に任命され、元軍隊のキース・ケロッグは国家安全保障理事会の主席補佐官に選ばれた。

この政府はハザールマフィアの軍事的接近を取っており、そのことは彼らを殺すか、あるいは降伏させるかを意味している。コロラド州デンバーである種の戦いが行われていると国防総省情報源は言っており、外国軍がそこに集まっている。この著者は自らの目で、その地域のフェンスに囲まれた大衆と空港周辺の空気換気シャフトを確認した。これは明らかにハザールマフィアの最後の砦の一つで、それは取り除かれる。

米軍はまた、彼らはイエローストン、ニューヨークのトランプタワーと北カルフォルニアのラッセン山における偽旗攻撃に使われた核兵器を中和することが出来たと主張している。

さらに、国防総省情報源は、米、ロシアとイラン特殊部隊はシリアのパルミラでISIS郡を終了させる多面い共同していると言っている。パプアニューギニアでは大きな地震があり、攻撃を受けているハザール潜水艦基地を示していると、その情報源は言う。

特殊部隊がカルフォルニアのゲッティセンターの下で生きている悪魔を追い払う為に送られていると、白龍会情報源は言う。その博物館は1000室のカジノが5億ドルで建設されたときに60億ドルの費用で建設された。何故なら仕事のほとんどは地下であったからと、その情報源は言う。

グノーシスイルミナティは現在の世界権力構造は完全に崩壊しており、新しい何かに置き換えられると言っている。

(転載終了)
posted by マジケン at 02:31| Comment(0) | Benjamin Fulford Report

フルフォードレポート英語版(12/12)

ENGLISH -- BENJAMIN FULFORD: 12:12:2016 -- FULL REPORT
Khazarian mafia still planning big false flag events but their defeat is certain
December 12, 2016
Author: Benjamin Fulford

The Khazarian mafia is planning spectacular false flag terror operations between now and December 19th in a last minute attempt to prevent Donald Trump from being formally appointed as President of the United States, CIA sources say. However, the military forces of Russia, China and the United States are all working together now to remove the final vestiges of Khazarian control so these efforts will no more than the final thrashes of a dying beast.
There is also a very intense cyber-warfare campaign under way aimed to removing truth websites so that the Khazarian corporate media’s false world narrative can be reasserted, the sources say. This is what is behind the ongoing attempt to try to label the current truth revolution and the election of Donald Trump as being done by “Russia.”
The recent widely publicized Washington Post article that featured a list of so-called “fake news” sites cited information compiled by US State Department and Obama administration fronts like Voice of America, the Atlantic Council and the National Endowment for Democracy.
http://www.voltairenet.org/article194344.html
The fact is the real fake news outlets are propaganda organs like the New York Times, the Washington Post, CNN, BBC etc. These are the outlets that still routinely report lies about 911, Iran, Saddam Hussein, ISIS, Russia etc. All of these lying corporate propaganda outlets will soon experience a change in management and will be forced to either report the truth or be shut down.
Both Asian secret society and Western agency sources report that a major purge is ongoing and that large numbers of people are “disappearing” in Asia and in the West. The outward sign of this has been the domino fall of Khazarian mafia controlled governments.
However, the Asian secret society sources say that information provided by the NSA claiming that Chinese President Xi Jinping reported to Evelyn de Rothschild was false. They say the Asians have been having a series of meeting where, among other things, it was decided that since Xi supports world peace, he will remain in power. Other world leaders, however, will continue to resign, the sources agree.
The most recent domino to fall was South Korean President Park Geun Hye who was impeached last week. South Koreans were infuriated to hear revelations from Wikileaks and other sources that Park took part in “Satanic rituals” and allowed Demonic spirits “complete control over her body and soul.”
http://victuruslibertas.com/2016/12/south-korean-president-forced-to-step-down-when-people-find-out-she-is-involved-in-satanic-cult/
There has been a strenuous campaign by the Khazarian mafia to deny any connection to Satanism but more and more insiders are saying it is very real. The images of ritualistic cannibalism at an elite party run by Marina Ambramovic are a reflection of very real cannibalistic orgies that do take place, bloodline family sources say.
https://sli.mg/a/mdv0hG
A list of celebrities who attended this event can be seen here:
http://www.ascensionwithearth.com/2016/12/pizzagate-hollywood-celebrities-take.html?
utm_source=feedburner&utm_medium=email&utm_campaign=Feed%3A+ascensionwithearth%2FkRNq+%28Ascension+with+Mother+Earth+and+Current+State+of+Affairs%29
“The truth is the ‘Elite’ wouldn’t be doing public ‘mocking’ cannibalistic Satanic rituals or ‘Galas’ if they were actually not being actively engaged in such sick and twisted disgusting practices,” a CIA source points out.
A lot of information about these elite horrors will be coming out in the war crimes trials that are expected to start in January, 2017, several sources agree.
A CIA source says that “Obama as the CEO of the Corporate United States, quietly joined
the International Criminal Court In 2010. Ten years ago George W. Bush gave presidential immunity to the Bush/Clinton crime family. It is over on 31 December. On Jan. 1, 2017 they can be arrested and brought before the ICC. This is the reason they are detained now, in house. This is being kept very close to source”.
“They will wait for Trump to be sworn in for sure then the shit will hit the fan,” the source summarized.
Pentagon sources say Marine General John Kerry will head the Department of Homeland Security who will purge it of Khazarians before starting a campaign to close the US border to “drug cartels and ISIS.” The Pentagon sources were informed that if they wanted to go after ISIS the first person they should arrest would be Senator John “ISIS” McCain. Such arrests are taking place with the big wigs scheduled to go down in the new year, CIA sources confirm.
In the meantime, financial warfare is raging. This was seen in a Bloomberg terminals outage last week Pentagon sources say. Hedge funds also got a body blow last week as the Supreme Court ruled 8 to 0 that insider trading is a crime even if the tipper gets no financial benefit from family or friends, the sources say. This ruling will make it much easier for law enforcement folk to clean up Wall Street, they say.
Also, Wells Fargo Bank has been purged of hundreds of cabal bankers and will likely be taken over by HSBC soon, the sources say. In a related move the private Swiss Bank Edmond de Rothschild was kicked out of China roth kicked out of China after many Khazarian proxies in that country were rounded up, the Pentagon sources say. The Chinese military for their part, say the only Western banks they fully trust now are HSBC and Standard & Chartered.
The US and Chinese military are negotiating a deal that will help bring on a global currency reset, sources close to the negotiations say. The deal involves trading US dollars for Asian gold and is being blocked by the Rothschild banking clan, the sources say. For that reason both the Asian secret societies and US agencies have been given the precise coordinates of the Rothschild clan leadership. The White Dragon Society says missiles and aerial bombing should be avoided in order to prevent the destruction of priceless art work.
However, CIA sources who have long been battling the bloodline families take a harder line:
“Do they worry when they bomb & demolish historic ‘priceless’ treasures in the Middle East? NO, because their goal is not to acquire or save treasure but to attain total and absolute control. Didn’t the Cabal use strategic nukes on 9/11? If we want to take the control back of our beloved planet only an equal show of force will get their attention. That we’ll send a strong enough message that we mean business and that enough is enough and that is either their total surrender or face total annihilation…their choice!”
The gnostic illuminati is definitely leaning towards “total annihilation,” so bloodline surrender to the more moderate WDS forces is recommended before it is too late.
There already has been a Khazarian surrender in Syria. Here a ceasefire and evacuation of Aleppo has been agreed upon after Syrian government forces and their allies took over 93% of the city. In a definitely related move, the Rothschild controlled company Glencore and the government of Qatar agreed last week to buy a major stake in the Russian energy company Rosneft.
http://tass.com/economy/917576
The Syrian war was started to force Syria to allow Qatar and Saudi Arabia to build a pipeline there in order to export gas to Europe. The Syrians refused because they preferred a pipeline controlled by Russia. So, the fact the Qataris have reached a deal with Russia means they have broken with Saudi Arabia over Syria.
The Saudis, for their part, have rushed to save their asses by sending Softbank’s Masayoshi Son to visit Trump to offer to create 50,000 US jobs using $50 billion of Saudi money. The Saudis are going to have to fork over a lot more than that just to pay the blood money they owe for all the horrific crimes their regime has carried out. Just ask the Yemenis.
The Saudi regime will be “taken care of,” as a part of an overall settlement of ongoing conflicts that is unfolding as the Trump regime heads for “triple entente,” with Russia and China.
This is why Russia and non-OPEC oil producers agreed to cut supply in order to raise prices and stabilize energy dependent currencies. The move towards more harmony can also be seen in the Aleppo cease fire was well as in a Russian agreement to supply Ukraine with the gas it will need this winter.
There is also expected to be some sort of breakthrough involving North Korea. A rare glimpse in the true nature of that regime came out last week when it “accidentally” revealed there are only 28 domain names using the North Korean .KP registry.
http://anonhq.com/icymi-when-north-korea-accidentally-revealed-a-closely-guarded-secret-about-its-internet/
If you look at some of those 28 sites you can see clearly they are not managed by North Koreans. This disclosure may, together with the downfall of South Korea’s President Park, be a sign some sort of Korean Peninsula Peace agreement being in the works.
On a final note, there is more weirdness emerging from Antarctica. Last week a “large glowing blue cloud” appeared over Antarctica, according to the Christian Science Monitor.
http://www.csmonitor.com/Science/2016/1203/Why-is-a-blue-cloud-appearing-over-Antarctica
Does the Vatican know something about this cloud that we do not?

-----

フルフォードレポート英語版(12/12)
The Khazarian mafia is planning spectacular false flag terror operations between now and December 19th in a last minute attempt to prevent Donald Trump from being formally appointed as President of the United States, CIA sources say. However, the military forces of Russia, China and the United States are all working together now to remove the final vestiges of Khazarian control so these efforts will no more than the final thrashes of a dying beast.

There is also a very intense cyber-warfare campaign under way aimed to removing truth websites so that the Khazarian corporate media’s false world narrative can be reasserted, the sources say. This is what is behind the ongoing attempt to try to label the current truth revolution and the election of Donald Trump as being done by “Russia.”

The recent widely publicized Washington Post article that featured a list of so-called “fake news” sites cited information compiled by US State Department and Obama administration fronts like Voice of America, the Atlantic Council and the National Endowment for Democracy.

http://www.voltairenet.org/article194344.html

The fact is the real fake news outlets are propaganda organs like the New York Times, the Washington Post, CNN, BBC etc. These are the outlets that still routinely report lies about 911, Iran, Saddam Hussein, ISIS, Russia etc. All of these lying corporate propaganda outlets will soon experience a change in management and will be forced to either report the truth or be shut down.

Both Asian secret society and Western agency sources report that a major purge is ongoing and that large numbers of people are “disappearing” in Asia and in the West. The outward sign of this has been the domino fall of Khazarian mafia controlled governments.
However, the Asian secret society sources say that information provided by the NSA claiming that Chinese President Xi Jinping reported to Evelyn de Rothschild was false. They say the Asians have been having a series of meeting where, among other things, it was decided that since Xi supports world peace, he will remain in power. Other world leaders, however, will continue to resign, the sources agree.

The most recent domino to fall was South Korean President Park Geun Hye who was impeached last week. South Koreans were infuriated to hear revelations from Wikileaks and other sources that Park took part in “Satanic rituals” and allowed Demonic spirits “complete control over her body and soul.”

http://victuruslibertas.com/2016/12/south-korean-president-forced-to-step-down-when-people-find-out-she-is-involved-in-satanic-cult/

There has been a strenuous campaign by the Khazarian mafia to deny any connection to Satanism but more and more insiders are saying it is very real. The images of ritualistic cannibalism at an elite party run by Marina Ambramovic are a reflection of very real cannibalistic orgies that do take place, bloodline family sources say.

https://sli.mg/a/mdv0hG

A list of celebrities who attended this event can be seen here:

http://www.ascensionwithearth.com/2016/12/pizzagate-hollywood-celebrities-take.html?
utm_source=feedburner&utm_medium=email&utm_campaign=Feed%3A+ascensionwithearth%2FkRNq+%28Ascension+with+Mother+Earth+and+Current+State+of+Affairs%29

“The truth is the ‘Elite’ wouldn’t be doing public ‘mocking’ cannibalistic Satanic rituals or ‘Galas’ if they were actually not being actively engaged in such sick and twisted disgusting practices,” a CIA source points out.

A lot of information about these elite horrors will be coming out in the war crimes trials that are expected to start in January, 2017, several sources agree.

A CIA source says that “Obama as the CEO of the Corporate United States, quietly joined

---


ハザールマフィアは依然として大きな偽旗事件を計画しているが、
彼らの敗北は確定している。

ハザールマフィアはドナルド・トランプが米国大統領に正式に指名されることを阻止しようとして、今から12月19日の間に最後のたくらみとして奇妙な偽旗テロ作戦を計画していると、CIA情報源は言う。しかし、ロシア、中国と米国の軍隊が全て協力し合っているので、これらの努力は死に行く獣の最後のあがきに過ぎない。

ハザール企業メディアの偽の世界を再び主張するために真実のウェブサイトを削除する目的で非常に激しいサイバー戦争キャンペーンも進行中であると、その情報源は言う。これが、現在の真実革命とドナルド・トランプの選挙がロシアによって行われているとレベル付けしようとする目下の企みの背後にあるものである。

いわゆる偽ニュースサイトを特徴とした最近広く報道されたワシントン・ポストの記事は、米国務省とボイス・オブ・アメリカ、太平洋会議と国家民主基金などのオバマ政権のフロントによって編集された情報を掲載している。

http://www.voltairenet.org/article194344.html

真実は、本当の偽ニュース機関はニューヨークタイムス、ワシントンポスト、CNN、BBCなどのような宣伝機関である。これらは911、イラン、サダムフセイン、ISIS、ロシア等について依然として偽りの報道をしている報道機関である。これらの横たわる企業宣伝報道機関はまもなく経営の変化を経験し、真実を報道するか閉鎖されるかのどちらかにされる。

アジアの秘密結社とワシントンの機関情報源は大規模な廃除が現在進行中で、アジアと西側で多くの人々が消えているとと報告している。これが見える兆候はハザールマフィア支配政府の陥落のドミノです。

しかし、アジア秘密結社の情報源はが中国主席習金平がイブリン・ロスチャイルドへつながっていると主張するNSAが提供した情報は偽であると言っている。彼らは、アジア人は一連の重大会議を持ち続けており、とりわけ、習は世界平和を支持しているので彼は権力に残るだろうと判断している。しかし、他の世界指導者達は辞任を続けるだろうと、その情報源は言う。

ごく最近の陥落のドミノは、先週弾劾された韓国大統領朴槿恵である。韓国人は、朴が悪魔の儀式に参加して、悪魔の精神が彼女の体と魂を完全に支配することを許したというウィキリークス他の暴露を聞いて怒っている。

http://victuruslibertas.com/2016/12/south-korean-president-forced-to-step-down-when-people-find-out-she-is-involved-in-satanic-cult/

悪魔とのつながりを否定するハザールマフィアによる激しいキャンペーンがあるが、さらに多くの内部通報者はそれが正に真実であると言っている。マリーナ・アブラモヴィッチが運営するエリートパーティにおける儀式の写真は本当に行われた人肉饗宴に映像であると、血縁家族情報源は言う。

https://sli.mg/a/mdv0hG

このエベントに参加した有名人のリストはこちらから見られる。

http://www.ascensionwithearth.com/2016/12/pizzagate-hollywood-celebrities-take.html?
utm_source=feedburner&utm_medium=email&utm_campaign=Feed%3A+ascensionwithearth%2FkRNq+%28Ascension+with+Mother+Earth+and+Current+State+of+Affairs%29

真実は、彼らが実際にそのような病的でひどく嫌な行為に積極的に関与していないならば、エリートは公に嘲笑される人食いの悪魔の儀式、つまりガラスを行わないだろうと、CIA情報源は指摘する。

これらのエリートの恐怖に関する多くの情報が2017年1月に始まる予定の戦争犯罪裁判で噴出すだろうと、多くの情報源は同意する。

CIA情報源は、米国株式会社の最高経営責任者のオバマは2010年、国際刑事裁判所に静かに加わった。10年前、ジョージ・W・ブッシュはブッシュ/クリントン犯罪家族に大統領免責を与えた。それは12月31日に終了する。2017年1月1日、彼らは逮捕され、国際犯罪裁判所の前に引き出される。これが彼らが今、家に拘束されている理由である。このことは情報源に非常に近くに保たれている。

「人々はトランプが確かに宣誓するのを待っており、そして糞は重大な影響を与える」と情報源は総括する。

米国防総省情報源は、海兵隊長ジョンケリーは国土保安省を指揮して麻薬カルテルとISISに対する米国境封鎖を始める前にハザール人を排除するだろうと言っている。国防総省情報源は、彼らがISISを追いかけるならば、彼らが最初に逮捕すべきは上院議員ジョンISISマッケインであるべきだと伝えられている。そのような逮捕は新年に予定されている法廷によって行われると、CIA情報源は確認している。

一方、金融戦争は激化している。これは先週のブルームバーグターミナルの停電に見られると、その情報源は言う。ヘッヂファンドもたとえチップを出す人が家族や友人から何の利益を得なくても内部取引は犯罪であると8対0で判決を行った先週、打撃を受けたとその情報源は言う。この判決は法執行機関の人々にとってウォール街を浄化するのが非常に容易になった。

また、ウェル・ファーゴ銀行は数百人に徒党銀行家が追放され、やがてHSBCでも引き継がれる可能性があると、その情報源は言う。これに関連して民間スイス銀行エドモンド・ロスチャシルドはその国のハザール傀儡が逮捕された後、中国から追放された。中国軍は、彼らが完全に信用できる西側銀行はHSBCとスタンダード&チャーター銀行であると言っている。

米軍と中国軍は世界通貨再設定を助ける取引を交渉していると、交渉に近い情報源は言う。取引には米ドルのアジア金塊への取引も含まれており、それはロスチャイルド一族によって阻止されていると、その情報源は言う。その理由で、アジアの秘密結社と米機関はロスチャイルド一族の指導部に関して正確な協調を与えている。白龍会はミサイルと空爆は貴重な芸術作品の破壊を防ぐために避けるべきだと言っている。

しかし、血統家族と戦ってきたCIA情報源は厳しい方針を採る。
「彼らは中東の歴史的に貴重な財宝を爆撃し破壊する時に心配いするだろうか?いや、彼らの目標は財宝を得たり救済することではなく、完全な絶対的支配を得ることであるから。徒党は9/11で戦略各兵を使用しなかったと言うのか?我々が愛する惑星の支配を取り戻したいのであれば、対抗する力の誇示だけが彼らの注目をあるめるだろう。だから、我々は本気であり、もうたくさんであり、完全な降伏か完全な消滅のどちらかをせんたくせよと強いメッセージを送る。グノーシスイルミナティは完全な消滅に傾いているので、遅くなる前により穏やかな白龍会への血統家族の降伏を勧めます。

シリアではすでにハザール人の降伏がある。シリア政府と同盟国がアレッポの93%を占領した後、停戦と退却の合意がなされた。明らかに関連した動きとして、ロスチャイル支配の会社グレンコアとロシア政府は先週ロシアエネルギー会社のロスネフトの大規模株式を購入することに合意した。

http://tass.com/economy/917576

シリア戦争は欧州へガスを輸出するために、そこにパイプラインを建設することをシリアに強制するために始められた。シリアはロシアによって支配されたパイプラインを好んだので拒否した。だから、カタールがロシアとの契約に達した事実は彼らがシリアに関してサウジアラビアとは手を切ったことを意味している。

サウジはソフトバンクの孫正義を使ってサウジの金500億ドルを使って5万人の雇用を創出する提案をすることで彼らの尻拭いを図った。サウジは、彼らの世間が行ってきた全く恐ろしい犯罪の全てを責任を負う血の金の支払う以上の多くのことをしなければならなくなるだろう。イエメン人に聞いてみてください。


サウジ政権はトランプ政権がロシアと中国との三国協商に向かう中、展開する目下の紛争の総括的解決の一環として取り扱われるだろう。

これが、ロシアと非OPECの石油生産者が価格を引き上げエネルギ依存通貨を安定させるために供給を削減することに合意した理由です。より多くの協調への動きはロシアが今年必要なガスをウクライナへ供給する合意と同様にアレッポの停戦においても見ることができる。

また北朝鮮を含むある種の突破口が予想されている。北朝鮮、朝鮮民主主義共和国の名前を使ったドメインが28しかないことが偶然明らかになった先週、今まで政権の性質をめったに見ることができなかったことが分かった。

http://anonhq.com/icymi-when-north-korea-accidentally-revealed-a-closely-guarded-secret-about-its-internet/

28のサイトのいくつかを見れば、それらが北朝鮮によって運営されていないことが分かる。この開示は韓国の朴大統領の崩壊と合わせて、朝鮮半島の平和協定の成立につながるかもしれない。

最後に、南極から奇妙なものが出て来ている。先週大きな輝く青い雲が南極上空に現れたときしると今日科学モニターが言っている。

http://www.csmonitor.com/Science/2016/1203/Why-is-a-blue-cloud-appearing-over-Antarctica

バチカンがこの雲に関して我々が知らない何かを知っているのか?

(転載終了)
posted by マジケン at 02:30| Comment(0) | Benjamin Fulford Report

10/9:フルフォードレポート訂正だそうです

The dominoes keep falling, Hollande, Renzi, Sarkozy down, Xi, Putin, Abe and Merkel now targeted
December 5, 2016
Author: Benjamin Fulford
Despite strenuous efforts by the Rothschilds and the bloodline families, the Khazarian mafia dominoes keep falling one by one. The resignations or announced resignations of Italian Prime Minister Matteo Renzi, French President François Hollande, European Parliament President Martin Shulz, New Zealand Prime Minister John Key, and the defeat of Khazarian drug dealing gangster Nicolas Sarkozy are the latest falling dominoes.
There is now a major campaign unfolding to remove remaining senior Rothschild agents like the so-called “Vladimir Putin” of Russia (the real Putin died long ago), Chinese strongman Xi Jinping, Japanese slave Prime Minister Shinzo Abe and Hitler's daughter Angela Merkel in Germany, according to multiple sources in China, Russia, the US, Japan and elsewhere.
The shockwaves caused by the fall of Italy’s Renzi will be the biggest for now, because it paves the way for the election of a Five Star Movement government that promises to leave the Euro. There will be a “world of hurt” in the Italian banking system as a result that will only speed up either the re-introduction of the Italian Lira or else lead to the possible creation of a new Mediterranean currency, P2 Freemason sources say.
A Mediterranean currency would co-exist with a revived Deutschemark that would take over the rump of the Euro in Northern Europe, the sources say.
The Rothschilds and the bloodlines are fighting back hard and are pulling all the stops they can to try to prevent US President Elect Donald Trump from taking power with their big push for vote recounts in the US, sources in the US Green party, the Rothschild family and CIA all agree.
The push is headed for “a hard and fast 13 December deadline mandated by Title 3, U.S. Code, Section 5 that each of the individual American States must have concluded all controversies related to their voting and submit their Electors for the 19 December Electoral Collage vote to install that nations’ next leader,” CIA sources say.
This push will fail because the bloodlines do not have any real backing in either the US military or the agencies, Pentagon and CIA a sources say.
The white hats in the military and the agencies are fighting back with a major push to expose very real pedophilia and human sacrifice being carried out by the bloodline families.
An insider in one of the bloodline families sent a horrific photograph of a cannibalistic event. This writer hesitated to publish the photo, which was sent shortly after Thanksgiving but, decided to do so in order for people to understand what we are fighting against. The picture will be made available to subscribers only for now and can be seen below

"Cannibal feast"
(HORRIFIC PHOTO - Cooked Human Body on a Kitchen Table, with live children tied up to a chair)

The photograph is real as far as I can tell. Notice, for example the white cloth or paper around the fingers, they seem to be there so that people have something to hold on to as they rip them off. Also, notice the tied up children, who are most likely designated as “desert.” We are sworn to avenge this woman and her many fellow victims.

Former Khazarian sex slaves in Europe are also sending us credible evidence of hunting of 14 and 16 year old boys and girls by members of the European royalty.

This is what a CIA source with extensive knowledge of the situation had to say:

“It’s about time this so called pizza-gate and the global underground pedophile rings are being exposed. It has been going on secretly since the late 50’s early 60’s in America in the entertainment industry. Most likely before then as well…the main reason Walt Disney built Disneyland, finished in 1955, was to have a central location for his close friends to come pick up children and have a good time. Frank Sinatra, Bob Hope, even the Shah of Iran made visits to his children’s fantasy playground to enjoy more than just a walk in the park. Walt Disney was a well know pedophile amongst his inner circle of friends. Do you know how many children go missing every year at Disneyland, Disney World, Disneyland Paris and Tokyo? This is a part of the global children trafficking cartel. Then there was the Mickey Mouse Club TV series which started in 1955, with the famous Mouseketeers. That is a whole different story in itself”.

The arrests of these cannibalistic pedophiliac monsters is accelerating in the US to the extent that Skull and Bones Secretary of State John Kerry flew to see Pope Francis last week to ask for mercy for his group only to be turned down, Pentagon sources say.
The bloodlines also appear to have carried out a Satanic sacrifice on December 2nd, with a warehouse fire in Oakland, California that killed at least 33 people. At the link below you can see a picture of the pamphlet for the event featuring a snake and a Satanic seven pointed star.
http://www.brooklynvegan.com/files/2016/12/15036693_10209641915519148_1683925422975962250_n.jpg?w=630&h=603&zc=1&s=0&a=t&q=89
This is what Baroness de Rothschild tweeted about the event: “Our heart goes out to the families of those who lost their lives in Oakland. Life is so fragile. May we all make the most of this moment.”
https://twitter.com/BssDeRothschild
Bss De Rothschild (@BssDeRothschild) | Twitter
twitter.com
The latest Tweets from Bss De Rothschild (@BssDeRothschild). Baroness De Rothschild, CEO, Global Private Investment Banker, Entrepreneur, Philanthropist & Environmentalist, Avid Art Collector, Proud Globalist. New York/London
“Make the most of this moment!!??” It is as if they hope the Satanic spirits invoked by this sacrifice will somehow help them keep in power. Incredible as it seems, multiple sources, including P2 Lodge member Leo Zagami say these bloodline families regularly carry out such rituals in order to invoke powerful spirits to help them.
What these bloodline families fail to realize is that and the end of the day Satan is unable to defeat the forces of love and goodness. Their reign of terror and human sacrifice is ending as a result.
In any case, returning to the world of nation state geopolitics, Russian FSB sources last week contacted the White Dragon Society to ask “whatever happened to the BRICS alliance?” They were told that now that Donald Trump had been elected US President, the world was going to move against opposing blocs fighting each other and move towards everybody being friendly with each other. They were happy to hear this.
Unfortunately, there is still a bit of fighting and horse trading ahead of us before we can move to world peace and love.
The key still remains control over the world financial system and thus control of the process for deciding what humanity does in the future. Since the bloodline families still control a lot of the financial system it means they will either have to be totally defeated or else a compromise will have to be reached with the benevolent factions (these do exist) within the bloodlines. It also means ultimately coming to some sort of new power sharing arrangement between Asia and the West. All of this is being negotiated and or fought over.
One still unresolved question has to do with control of the $2 trillion a year in oil and gas revenue from the Middle East. Here, the forces allied with Syria and Russia are winning against those allied with Saudi Arabia and Qatar. The problem is while the Saudi and Qatari oil is linked to the Satanic Bush, Clinton and Rockefeller families, the Russian oil giant Gazprom that is emerging victorious in the Syrian pipeline war is controlled by equally Satanic Jacob de Rothschild.
http://www.fpp.co.uk/online/03/11/Oligarchs071103.html
That is why Russian FSB and NSA sources both insist first that the real Vladimir Putin was murdered and second that the look-alikes playing his role are Rothschild puppets.
The other problem is that Asian secret society, CIA and NSA sources agree that Chinese President Xi Jinping also works for the Rothschilds. The Rothschilds transferred their gold and most of US and European industry to China over the past many years because they knew an immune reaction against their rule was beginning in the West.
The Dragon family and the Chinese military intelligence community know that for a country to accept the Khazarian mafia is like for an individual to start taking amphetamines. At first there is a lot of energy and a great high but later your body is devastated and your life shortened.
That is why the Chinese military, the Russian military and the US military have begun an alliance against the Khazarians.
This can be seen most recently from President elect Trump’s selection of Elaine Chao as Transportation Secretary because “she is another back channel to China with ties to Jiang Zemin to pressure Xi,” Pentagon sources say. It is well known that her father, James S.C. Chao, who owns a shipping line, was classmates with Jiang and they have kept in touch ever since. Jiang’s faction is known to be very influential in the Chinese military and intelligence community.
“Her ships are never checked for anything, both in China and the States,” was what a CIA source in Asia had to say about her. The Chaos have long been close to the Bush family but are now distancing themselves, other CIA sources say.
A deal involving Asian gold and hard currency is being negotiated by the US and Chinese militaries, according to a source involved in the negotiations. The bloodline families are also trying to negotiate some sort of deal as well, a bloodline family source says.
Finally, CIA sources in Asia say the sudden resignation of New Zealand’s Prime Minister “is directly connected to what is going on at ‘The Base’ in Antarctica…..John Key knows what is about to happen and he does not want to be at the helm of his country’s government when it does.” The source was reluctant to give more detail but hinted it had to do with the imminent arrival of “the fleet.” He was not referring to a naval fleet.

-----

フルフォードレポート英語版(12/5)
Despite strenuous efforts by the Rothschilds and the bloodline families, the Khazarian mafia dominoes keep falling one by one. The resignations or announced resignations of Italian Prime Minister Matteo Renzi, French President Francois Hollande, European Parliament President Martin Shulz, New Zealand Prime Minister John Key, and the defeat of Khazarian drug dealing gangster Nicolas Sarkozy are the latest falling dominoes.

There is now a major campaign unfolding to remove remaining senior Rothschild agents like the so-called “Vladimir Putin” of Russia (the real Putin died long ago), Chinese strongman Xi Jinping, Japanese slave Prime Minister Shinzo Abe and Hitler daughter Angela Merkel in Germany, according to multiple sources in China, Russia, the US, Japan and elsewhere.

The shockwaves caused by the fall of Italy’s Renzi will be the biggest for now, because it paves the way for the election of a Five Star Movement government that promises to leave the Euro. There will be a “world of hurt” in the Italian banking system as a result that will only speed up either the re-introduction of the Italian Lira or else lead to the possible creation of a new Mediterranean currency, P2 Freemason sources say. A Mediterranean currency would co-exist with a revived Deutschemark that would take over the rump of the Euro in Northern Europe, the sources say.

The Rothschilds and the bloodlines are fighting back hard and are pulling all the stops they can to try to prevent US President Elect Donald Trump from taking power with their big push for vote recounts in the US, sources in the US Green party, the Rothschild family and CIA all agree. The push is headed for “a hard and fast 13 December deadline mandated by Title 3, U.S. Code, Section 5 that each of the individual American States must have concluded all controversies related to their voting and submit their Electors for the 19 December Electoral Collage vote to install that nations’ next leader,” CIA sources say.
This push will fail because the bloodlines do not have any real backing in either the US military or the agencies, Pentagon and CIA a sources say.

The white hats in the military and the agencies are fighting back with a major push to expose very real pedophilia and human sacrifice being carried out by the bloodline families.

An insider in one of the bloodline families sent a horrific photograph of a cannibalistic event. This writer hesitated to publish the photo, which was sent shortly after Thanksgiving but, decided to do so in order for people to understand what we are fighting against. The picture will be made available to subscribers only for now and can be seen below

-----

ドミノはオランド、レンジ、サルコジを落とし続け、
今は習、プーチン、安倍とメルケルが標的にされている。

ロスチャイルドとその血統家族による賢明の努力にもかかわらず、ハザールマフィアのドミノは順番に崩れ続けている。イタリアのマッテオ・レンジ、フランス大統領のフランシス・オランド、欧州議会委員長マーチン・シュルツ、ニュージーランド首相ジョン・ケイの辞任或いは辞任発表と、ハザール人麻薬取引ギャングのニコラス・サルコジの敗北は最後の崩落ドミノです。

いわゆるロシアのウラジミール・プーチン(本当のプーチンはだいぶ前に死亡した)、中国の権力者習金平、日本の奴隷首相安倍晋三とヒットラーの娘アンゲラ・メルケルのような残っているロスチャイルド代理人幹部を取り除くために展開されている大キャンペーンがあると、中国、ロシア、米国、日本他の複数の情報源は言う。

イタリアのレンジの凋落によるショックは、それがユーロ離脱を約束する五つ星運動政府を選出する道を開く事になるので、今のところ最大のものになるだろう。イタリアリラの再導入のみならず、新しい地中海通貨を創出する可能性も導くことになる結果として、イタリア銀行システムにおいては「傷つく世界が」があると、P2フリーメーソンの情報源は言う。地中海通貨はユーロの残党を引き継ぐことになるであろうし、復活したドイツマルクと共存することになると、その情報源は言う。

ロスチャイルドとその血統は激しく戦っており、米国内で投票の再集計に対する大きな圧力によって米大統領選出ドナルドトランプが権力を引き継ぐことを阻止しようとできることを全て引き寄せていると、米国緑の党、ロスチャイルドとCIAは全てが認めている。この圧力は、個々の米州は国家の次のリーダーを据える12月19日の選挙人投票の選挙人の提出に関する全ての議論を終了させなければならないという合衆国法典第3編5章によって厳格に義務付けられている12月13日の締切期限に向かっていると、CIA情報源は言う。
その圧力は失敗に終わるだろう、何故なら、血統は米軍とその機関の本当の支援を持っていないと、国防総省とCIA情報源は言う。

米軍内のホワイトハットとその機関は、血統家族によって行われている全く本当の小児性愛と人間の生贄を暴く大きな圧力によって戦っている。

血統家族の一つの内部告白者は人食いのイベントのおそろしい写真を送ってきた。この著者は感謝祭の直後に送られてきた写真を公開するか躊躇ったが、人々が我々が誰と戦っているかを理解するためにそうすることを決めた。その写真は今のところ加入者にのみに提供され、下で見ることができる。


人食い饗宴
写真は私が知る限り現実です。例えば指の周りの布や紙に注目してください、それらは人々がそれを裂くときに握るもののようである。また、縛られた子供に気付く、おそらくデザートとして用意されたものらしい。我々はこの女性と多くの犠牲者の復讐を誓う。
元欧州のハザール性奴隷達もまた、欧州王室のメンバーによる14歳と16歳の少年少女の狩りをしている信頼できる証拠を送ってきた。これが、この情況に関して広範な知識を持つCIA情報源は言わなければならなかったことである。

「このいわゆるピザゲートと呼ばれる世界的地下小児性愛の環が暴露される時期である。それはエンターテーメント業界では50年代後半から60年代初頭以来秘密裏に行われてきたことである。それ以前もおそらく同様であったと思われるが・・・・1955年に完成したウォルトディズニが建てたディズニーランドは親しい友を連れて来てて楽しい時間をすごすところを提供することであった。フランクシナトラ、ボブホープ、イラン国王さえその子供のファンタジー遊び場を訪れ、公園の散歩以上のものを楽しんだ。ウォルトディズニーは仲間内ではよく知られた小児性愛者であった。あなたはディズニーランド、ディズニーワールド、ディズニーランド・パリと東京で、毎年何人の子供が行くへ不明になっているか知っていますか?これは世界的な子供人身売買カルテルの一部です。それから、あの有名なマウスケッターによって1995年に始まったミッキーマウスクラブTVがある。それはそれ自身全く別な話です。」

t02200211_0630060313815318300.jpg

これらの人食い小児性愛の悪党達ちの逮捕は米国内で加速しており、スカル・アンド・ボーンズの国務長官ジョン・ケリーが先週ローマ法王に会い、彼のグループは却下されるよう慈悲を求めたと、国防総省情報源は言う。
血統もまた12月2日に悪魔の生贄を実行したようで、カルフォルニア州オークランドの倉庫の火事は少なくとも33人を殺した。下のリンクで蛇と悪魔の7つの尖った星のイベントのパンフレット写真を見ることが出来る。

http://www.brooklynvegan.com/files/2016/12/15036693_10209641915519148_1683925422975962250_n.jpg?w=630&h=603&zc=1&s=0&a=t&q=89

これは、バロン・ロスチャイルドがそのイベントについてツイートしたものです・「我々の心が、オークランドでなくなった人々の家族に届きますように。人生は非常に壊れやすいもの。今このときを生きましょう」

https://twitter.com/BssDeRothschild

バロン・ロスチャイルドからの最近のツイート。バロン・ロスチャイルド、世界的私有投資銀行のCEO、起業家、慈善家と環境学者、熱心な芸術蒐集家、高慢な世界主義者、ニューヨーク/ロンドン。「今を大事に生きる???」それは、彼等があたかもこの犠牲によって呼び出された悪魔が何らかの形で彼らの力を維持するのを助けてくれることを望むかのようです。信じられないように、P2ロッジのメンバーであるレオ・サガミを含む複数の情報源は、これらの血統家族は強力な精神を呼び出すために定期的にそのような儀式を実行していると言う。

これらの血統家族が気付いていないことは、悪魔は愛と全の力を打ちのめすことができないと言うことである。彼らの恐怖と陣元の犠牲の世の中は結果として終了する。

いずれにしても、世界国家の政治の世界に戻ると、ロシアFSB情報源は先週白龍会に接触してきて、BRICS同盟に何が起こったのかと聞いた。彼らは、ドナルドトランプが米国大統領に選出されて、世界は互いに戦う方向とは反対に動き、互いに親しみを感じる方向へ動いていると言われた。彼らはそれを聞いて嬉しかった。

残念ながら、世界の平和と愛へ動けるようになるには戦いや抜け目ない交渉が依然として少し必要である。

依然として重要なことは、世界金融システムの支配、つまりは人類が将来に何をするかを決めるプロセスの支配が残っている。血統家族は依然として多くの金融システムを支配しているので、彼らは完全に敗北するか、あるいは血統内部の善意の派閥(これらは存在する)と和解に達する必要があるだろう。それは最終的にはアジアと西側の間の新権力分配合意に達することを意味している。これらの全ては交渉しているか、或いは戦っている。

まだ解決されていない問題の一つは中東からの年間2兆ドルの石油ガス収入の支配をどうするかと言うことである。ここに到って、シリアとロシアの同盟軍がサウジアラビアとカタール同盟軍に勝利している。問題は、サウジとカタールの石油が悪魔ブッシュ、クリントンとロックフェラーに繋がっている一方、シリアのパイプライン戦で勝利を収めたロシアの石油巨大ガスプロムは同じように悪魔ジェイコブ・ロスチャイルドに支配されている。

http://www.fpp.co.uk/online/03/11/Oligarchs071103.html

それはロシアのFSBとNSA情報源が共に、本当のプーチンは殺され、彼の役割を演じるそっくりさんの二代目はロスチャイルドの傀儡であると言っている。
他の問題は、アジアの秘密結社、CIAとNSAの情報源は、中国の習金平もまたロスチャイルドの為に働いていることを認めている。ロスチャイルドは西側で始まったルールに対する拒否反応を知っていたので、彼らの金塊と過去数年を掛けて欧米のほとんど産業を中国へ移してきた。

ドラゴンファミリと中国軍情報機関は、ハザールマフィアを受け入れる国はアンフェタミンを服用するような物であることを知っている。初めは多くのエネルギーと十分の高さがあったが、後にはあなたの体は荒廃し、寿命は短くなる。

それが、中国軍、ロシア軍と米軍がハザール人に対して同盟を始めた理由である。

大統領に選出されたトランプが運輸長官に•イレーン・ラン・チャオを選んだことからも、このことが見られる。何故なら、彼女は江沢民と繋がったもう一つの中国を背後に持っているので国に圧力を掛けられるからと、国防総省情報源は言う。彼女の父親ジェイムス・チャオは海運会社を所有しており、江とは同級生であり、以来ずっと連絡を取り合っていることはよく知られている。江は中国軍と情報機関に非常に影響力がある。

彼女の船は中国と米国の両方で全く点検されないは、アジアのCIA情報源が彼女について言わなければならないことである。チャオはブッシュファミリに近かったが、今は距離を置いていると、他のCIA情報源は言う。

アジアの金塊と硬貨を含む取引は米軍と中国軍によって交渉中であると、交渉に関与している情報源は言っている。血統家族もまた同様にある種の取引を交渉していると、血統家族の情報源は言う。

最後に、アジアのCIA情報源は、ニュージーランド首相の突然の辞任は南極大陸で起こっていることに直接繋がっていると言っている。ジョンケリーは何が起きようとしているかを知っており、それが起こったとき、彼の国の政府の主導者にはなりたくないと思っている。情報源はそれ以上の詳細を述べることには消極的であり、しかし、それが艦隊の差し迫った到着に関連していることを示唆した。彼は海軍艦隊には言及していない。

(転載終了)
posted by マジケン at 02:30| Comment(0) | Benjamin Fulford Report

フルフォードレポート英語版(11/29)

Khazarians being flushed out of underground hideouts as US revolution continues

November 21, 2016
Author: Benjamin Fulford
There can be no doubt the United States is in the throes of a revolution. As a part of this, US military sources say “44 wildfires in the Southern states of Georgia, Tennessee, Kentucky and North Carolina smoked out underground cabalists,” making it clear a real purge is ongoing.
The Pentagon sources are also saying “another cabal spacecraft escaping earth was shot down over Florida on November 21st.” Yet a further cabal spacecraft was shot down off the coast of Fukushima, on November 22nd after it attacked Japan with an earthquake weapon, White Dragon Society sources in Asia say. A video of the craft going down can be seen at this link.
https://www.youtube.com/watch?v=rnFWTEbJY7k
For those of you who think this is too far-fetched, please bear in mind that stealth jets were flying for close to 30 years before they were revealed to the public. That means the F-35 flying turkey is just a diversion and the US military has stuff that is at least 30 years ahead of what we are being shown.

Speaking about the military, Pentagon sources say they are pushing to have generals appointed as Secretary of State and as Secretary of Defense. In particular, they are pushing to have Marine General John Kelly as Secretary of State.

The Pentagon sources are also saying Trump will have a “private army of 2 million veterans, bikers and gun owners to confront Hillary thugs in DC for the inauguration.”


Newly appointed Education Secretary Betsy Devos will be “another general in the Trump cabinet” since she has her own army run by her brother Erik Prince who founded Blackwater with her money, the sources add. This means the mercenaries will no longer be sub-contracting for the Khazarian mob. If so, then it really is game over for the Khazarians.

Also, four separate sources, two Pentagon, one CIA and one ruling bloodline family say some major financial announcements are coming soon, possibly on December 1st. One announcement which will have a big impact on the gold market is that “the Islamic Council that sets the standards for Sharia as of December 1st is going to change the rules for 1.3 billion Muslims that previously were only permitted to own gold in the form of jewelry. They are now going to be permitted to purchase gold as an investment,” according to a CIA source in Asia.
The real biggie that came from two separate Pentagon sources is that the US government is about to announce new Treasury dollars for use in North America. Images of the bills can be seen at this link:

http://nationalgreatregistry.generalpostoffice.international/index.php?title=Office_of_the_Treasury_for_The_United_States_of_America#The_legal_tender_of_the_Government_of_The_United_States_of_America

The sources have done their own fact checking and they say there is a “90%” chance these are the real deal.

This is part of a Russian alliance with the US military and agencies against the Khazarian mafia and their proxies, Russian, Pentagon and CIA sources all say.
The effects of this alliance will be felt the most in Khazarian-controlled Ukraine, Saudi Arabia and the EU politburo.


This is why European Commission President Jean-Claude Juncker admitted last week that “without Russia, there is no security architecture in Europe.”


http://tass.com/world/914899

In effect, he was admitting the Russia was now in charge of protecting Europe. This means Khazarian control of Europe is ending. The fact that British newspapers are now openly publishing 9/11 truth stories shows clearly that country has already shed the Khazarian yoke.


http://www.express.co.uk/news/world/736223/9-11-tower-Building-7-collapse-fire-conspiracy

The Khazarian mafia-controlled media conglomerates in the US are also having their feet held to the fire, and are being ordered to report the truth or else. Trump is considering revoking the Federal Communications Commission broadcasting licenses of lie-spouting corporate media networks, the sources say. There are also discussions going on about either nationalizing or breaking up the big media cartels, they add.

The attempt by the Khazarians to save themselves by overthrowing the election of Donald Trump through vote recounts is not going to change things. Members of the US Green party admit they took money from the Rothschilds to demand a recount, but that their real intention was to use the funds to fight for greater rights for small political parties like theirs. In any case, any real vote recount would show Hillary Clinton lost by a much larger percentage than is being reported.


Speaking about Clintons, CIA sources reported the following about Hillary’s husband:



“Bill Clinton flew in recently under the radar and was admitted to the cardiovascular unit at one of our ’specialist hospitals’ nearby, which is under the control of the Agency. After a thorough examination, he was told that nothing more can be done for his heart. It is end game for WJC. He most likely will not be celebrating the New Year in this world. This is the reason he has looked so pale for the past several months. His heart is so weak, that it cannot pump the oxygenated blood carried in his arteries through his system. The quadruple bypass surgery was only a temporary solution.”


The source continued by noting that “When WJC dies, he will be kept on ice so to speak. (Just like they did for a few years with the King of Thailand). His death and cause thereof will be ‘announced’ when the time is right. He will receive the full Presidential funeral procession as per current US laws and regulations unless there is a major change in the new US Government policy in the near future.”


It may be that the Clintons, the Bushes and their ilk will all “die” in the near future to avoid airing the dirty laundry that would be exposed if they were forced to face a war crimes tribunal. The people, though, deserve to hear the truth.


フルフォードレポート英語版(11/29)
米国革命が続くに従って、地下隠れ家から締め出されるハザール人

米国が革命の淵にいることは間違いがない。この一環として、米軍はジョージア州南部、テネシー州、ケンタッキー州とノースカロライナ州の44件の野火が地下から徒党を燻りだしたので、本当の廃除が今進行中であることが明らかになったと、米軍情報源は言っている。

国防総省情報源はまた、地球から逃げ出す徒党宇宙船が11月21日、フロリダ上空で撃墜されたと言っている。さらに、他の徒党宇宙船が地震兵器で日本を攻撃した後の11月22日に福島沖で撃墜されたと、アジアの白龍会情報源は言う。その飛行体が墜落するビデオがこのリンクで見ることができる。
https://www.youtube.com/watch?v=rnFWTEbJY7k


これはあまりにも不自然だと思う人たちは、ステルスジェット機が公開される前、30年近くも飛んでいたことに留意してください。それはトルコを飛ぶF−35は転用にすぎず、米軍は我々が見せられているより少なくと30年先のものを持っているということを意味している。

軍と言えば、国防総省情報源は、彼らは将軍を国務長官や国防長官に指名させようと圧力を掛けている。特に彼らは海軍将軍ジョン・ケリーを国務長官に推している。

国防総省情報源はもまた、トランプは就任に当たってDCにおいてヒラリー凶悪犯と立ち向かうために2百万人の退役軍人、暴走族や銃所有者からなる民兵を持っていると言っている。最近、教育長官に任命されたべスティ・デヴオスは彼女の金でブラックウォーターを設立した兄のエリック・プリンスによって運営される彼女自身の軍隊を持っているので、トランプ内閣のもう一人の将軍になるだろうと、その情報源は付け加えた。このことは、傭兵はもはやハザール暴徒の下請けにならないことを意味している。そうであれば、実際にはハザール人にとって試合終了である。

また4つの独立した情報筋である、二つの国防総省、一つのCIAと一つの支配血統家族は、おそらく12月1日にある重要な金融声明が発表されるだろうと言っている。金市場に大きな影響を与えるある発表は、イスラム法を設定しているイスラム評議会が12月1日の時点で、今まで宝石として金を所有することのみが許されていた12億人のイスラム教徒のための法律を変えようとしている。彼らは投資として金を買うことを認められるだろうと、アジアのCIA情報源は言う。

二つの国防総省情報源から出てきた本当の大物は、米政府が北米で使うための新財務省ドルを発表しようとしている。この紙幣の画像はこのリンクで見ることができる。

1130.png

http://nationalgreatregistry.generalpostoffice.international/index.php?title=Office_of_the_Treasury_for_The_United_States_of_America#The_legal_tender_of_the_Government_of_The_United_States_of_America

情報源は自らの事実確認を行っており、彼らはこれらが行われる確率は90%であると言っている。

アジアのCIA情報源はさらに進んで、新紙幣は現在米国内で流通している米ドルに置き換わり、新紙幣に交換するとアメリカ人は50%の債務削減を得る。米国外の米ドルは現在の価値を維持することになると、その情報源は言う。

13血統家族の情報源はそれぞれ個別に、国際金融システムに関してある種の決定がなされて、そのことが、おそらく12月あるいは1月に始まるだろうと発言している。

アジアの情報源はまた、連邦準備理事会議長のジャネット・イエレンやウィルフレド・サウリンによって企てられた百万トンの金塊詐欺は鎮圧されたと言っている。サウリンはタイ王室から追い出された。まもなく亡くなられる新王は彼と何も関係したくはないことを、王室家族の情報源は確認している。

皇室情報源はまた、もし最大の金塊詐欺がどこにあるか見たいならば、東京の皇居の下を見よと言っている。何故、徒党が第二次世界大戦以来日本を厳重に監守していると思いますか?

これは今東京で強力な勢力同士が進めている内戦の全てと関連しており、CIA情報源は主要なプレーヤーはその金の支配のために激しく戦っていると付け加えて述べている。一方で、サウリンと彼のチームが金塊詐欺のために戦利品を手に入れようとしている可能性が高い。他方は、白龍会とグノーシスイルミナティがこの惑星の人々の利益と世界リセットを支援するためにそれを守ろうとしている。これが天皇が退位しようとしている理由の一つです。これは当に高齢者が扱うには激しすぎる。

まもなく日本でも動きが出て、安倍晋三奴隷政権は取って代わられるだろうと、日本の白龍会は言う。

一方イスラエルで荒れ狂った野火は燃え尽きており、ビビ(ベンジャミン・ネタニヤフ首相が194番目の国を作る国連二国間決議を受け入れる警告は1049年に引き戻し、ゴラン高原に戻り、ガザの包囲を止めさせると、国防総省情報源は言う。

他の中東では、エジプト軍がハザール・サウジととカタールISIS傭兵軍に対してシリアで戦闘に加わった。イラクの副大統領ヌリ・マリキはサウジのワハビリリズムは国際テロリストに載せなければならないと中東の部屋の象を指摘した。

http://ahtribune.com/religion/1360-nouri-al-maliki-wahhabism.html

米国はサウジアラビアからの石油の輸入は止めるとトランプが言っているので、ハザール擬似イスラム政権は最終的にはロシア人、アメリカ人と真のイスラム教徒によって処理されることを希望する。



ロシア人とアメリカ人は先週ロシアのパスポートを与えられた俳優のスティーブン・シーガル経由で新しい対話のチャンネルを開設した。このパスポートを渡すとき、プーチン(今は誰かが演奏している)は「我々はあなたの国の専門家と対話を促進することを願っていると述べたと、CIA情報源は述べた。

https://www.rt.com/viral/368203-putin-russian-passport-seagal

これがハザールマフィアとその傀儡に対するロシアの米軍とその機関との同盟の一環であると、ロシア、国防総省とCIA情報源は言う。

この同盟の効果はハザール支配のウクライナ、サウジアラビアとEU支配下で最も感じられるだろう。これが欧州委員会のジーン・クルード・ジャンカーが先週、ロシア抜きでは欧州の安全保障体制はないと認めた理由です。

http://tass.com/world/914899

事実、彼はロシアが今、欧州を守る役割をしていると認めている。これは欧州のハザール支配が終わったことを意味している。英国の新聞が今、911の真実物語を公開している事実は国はすでにハザール支配から開放されていることを明確に示している。

http://www.express.co.uk/news/world/736223/9-11-tower-Building-7-collapse-fire-conspiracy

米国のハザールマフィア支配のメディア大企業もまた、圧力を掛けられて真実を報道するように命じられている。トランプは嘘をまくし立てているメディアネットワークの米連邦通信員会の免許を取り消すことを検討していると、その情報源は言う。また、国有化や大規模メディアの解体についても議論が進められていると、彼らは付け加えた。

彼等自身を救うために、票の再集計によってドナルド・トランプの選挙を確認しよとするハザール人による企みは物事を変えることはない。米国緑の党のメンバーは再集計のためにロスチャイルドから金を受け取ったが、彼らの本当の意図は彼らのような小さい政党にとってより大きな権利のための戦いに資金を使うことであったと認めている。いずれにしても、実際の投票数はヒラリークリントンが報道されているよりさらに大きな負けであることを示すことになる。

クリントン家について言えば、CIAはヒラリーの夫について以下のような報告をしている。「ビルクリントンは最近レーダーの下を飛行して、当局の管理下にある近くの専門病院の循環器系病棟に入院した。完全な検査の後、彼は臓には何もできないと言われた。それはWJC(ビルクリントンのトンネル会社)にとって試合終了です。彼はこの世で新年を祝うことはないでしょう。これがここ数ヶ月彼が元気が無かった理由です。彼の心臓は非常に弱いので、彼の体中に酸素補給された血液をくみ上げることはできない。四重のバイパス施術は一時的解決策にしか過ぎません。

WJCが死ぬと、彼は話すために氷の上に保持されうだろう(タイ王に対して数年間続けられたように)と述べて、情報源は続けた。彼の死とその原因は時が来ると発表されるだろう。近い将来、新しい米国政府の政策に大きな変化がなければ、彼は現行の米国の法律や規制に従って大統領葬儀を受けるだろう」

クリントン、ブッシュと彼らの家族は戦争犯罪の裁判に直面させられたときに暴露される汚物の拡散を避けるために近い将来、「死」ぬだろう。しかし、人々はその真実を聞くことは価値がある。

(転載終了)
posted by マジケン at 02:29| Comment(0) | Benjamin Fulford Report

フルフォードレポート英語版(11/21)


Hungary, the UK, the US, Bulgaria, Moldova free from Khazarian control, Austria, Italy, South Korea next
November 21, 2016

Benjamin Fulford

The liberation of the planet earth from Khazarian gangster control is now snowballing. The UK liberated itself with the Brexit vote while the Americans freed themselves by electing Donald Trump as President. Trump’s election was followed immediately by anti-Khazarian regime change in Bulgaria and Moldova. Next, a Presidential election in Austria and a referendum in Italy, both due on December 4th, are expected to liberate those countries. Following this will be the likely election of Marine Le Pen as President of France in May and the ouster of German Chancellor Angela Merkel sometime in 2017.
In South Korea as well, Khazarian puppet President Park Geun Hye has been exposed as totally corrupt and is being removed from power. In Japan too, right-wing forces are moving against Khazarian proxies like Yasuyuki Nambu of the Pasona Group, Masayoshi Son of Softbank and others to prepare the way for the liberation of this country.
Later in the game the European Union, the United Nations and subsidiary organizations like the IMF and the World Bank are also expected to collapse before being replaced by more representative, meritocratic, democratic and competently run institutions.
Much of this outcome hinges on the nearly over but still not finished power struggle in Washington D.C.
The first senior staff members selected by Donald Trump are all US armed forces veterans making it clear his government will be strongly linked to the US military. This means the men with guns are finally taking action.
Navy veteran Steve Bannon is Chief Strategist, army veterans Mike Pompeo, Jeff Sessions and Michael Flynn respectively have the jobs of CIA head, Attorney General and Director of National Security. So far no neocons or Khazarians have been selected.
A Pentagon source says the names of neocons like Rudolph Giuliani, John Bolton, David Petraeus and Mitt Romney were “floated so trump can say ‘you’re fired.’”
New National Security Adviser General Michael Flynn summed up the situation as follows:

“We just went through a revolution…This is probably the biggest election in our nation’s history, since bringing on George Washington when he decided not to be a king. That’s how important this is.”
http://www.reuters.com/article/us-usa-trump-flynn-idUSKBN13D0AD
In a clear sign this really is a revolution, CIA sources tell us that arch-criminal George Soros has been “taken out,” as reported by this writer on November 20th. Pentagon sources are saying that others on the list who need to be removed from the scene include Senator John “ISIS” McCain and Edgar Bronfman who “owns McCain.”
Other Pentagon sources say that a special “navy doomsday plane” was sent to fly from California to Denver last week to deploy “special weapons” in order to “drive cabalists out of underground bases” so that they could be arrested.
Speaking about underground bases, White Dragon Society sources in Antarctica say:

” One of our team members in Antarctica saw David Rockefeller with his son Richard at ‘The Base’ along with several other elites from Europe. There is a top secret meeting taking place there now. The word is that they are preparing for January 20.”
Other sources say they saw members of the Rothschild family at that Antarctic base too.
(The Russian documentary linked below is recommended as the most thoroughly researched background information this writer could find on secret Antarctic bases,
https://www.youtube.com/watch?v=MwUpPwyyvLw)
It is a good guess these elites are hoping to find shelter or else a ticket off-planet at that base but they are unlikely to find either because all the evidence indicates this planet is under some form of quarantine.
In any case, judging from the 2017 occult cover of the Rothschild and P2 Freemason Agnelli family owned Economist, the bloodline families are in a state of confusion. The cover, seen at the link below, is called “Planet Trump” and features tarot cards.
https://cdn.shopify.com/s/files/1/0591/1981/products/TW2017_Cover_UK_REV_NO-BC_trimmed_1024×1024.jpg?v=1479401028
Here is this writer’s first stab and what it means:
The first card, called “the tower,” shows the Catholic Church being split between its communist and traditional Christian factions.
The second, called “Judgement” shows Donald Trump holding the symbols of power, meaning most likely they expect a Nurenberg type tribunal to be convened when he assumes office.
The third, called “the World” shows symbols of the gnostic Illuminati, the family owned central banks and monotheism unified under what appears to be a moon god. Above them are what appear to be Maria (the Goddess Isis), the holy book and the sun god. It seems they think the world will be unified under these symbols.
The fourth called “the Hermit” shows North America leading a populist movement against TPP, TTIP and the EU, indicating they have gone against their “globalist” agenda.
The fifth, called “death,” shows plagues, tsunamis, fish die-offs, nuclear weapons and crop failures and is probably meant as a threat by the bloodline families to unleash these calamities if they are cornered.
The sixth, called “the magician,” seems to indicate they expect 3d printing and virtual reality to be the biggest high tech trends of the year.
The seventh, called the “Wheel of Fortune” shows a smiling Marine Le Pen and a frowning Angela Merkel waiting for the results of elections indicating they expect Le Pen to win and Merkel to lose. This writer could not identify the third person.
The final one, “the star,” seems to show pictures of pop culture personalities who will have strong financial backing during the year. The only one this pop culture knowledge deficient writer could identify appears to be Lady Gaga.
What their predictions are showing most of all though is a clear sign they no longer control the destiny of this planet and that is why the resorted to tarot cards.
Since the Rothschilds and Angellis appear to be out of the loop on future events now, here is a bit of what sources in the new regime are saying is coming up.
For one thing, as soon as President Barack Obama loses his ability to issue pardons on January 20th, there are going to be a flood of revelations coming out of the US agencies about pedophilia and human sacrifice carried out by many well-known US and European politicians and personalities. The Bush/Clinton family, Mitt Romney, Carl Rove and others are expected to be included in these revelations, Pentagon sources say.
The Rothschilds and their kinfolk can also expect hearings about what really caused the Asian tsunami of 2006, the Japanese tsunami and nuclear disaster of 2011, the Haiti tsunami etc. In other words, the world will find out they are a bunch of ruthless mass murderers.
The coming months will also reveal a “Trump/Putin tag team that will kill ISIS as a prelude to a US-EU-Russian and Vatican Christian bloc to contain China and terminate the global Khazarian mafia,” the sources say.
The Chinese, for their part, are already leading towards a form of Christianity with Chinese features, Chinese secret society sources say. They point out that many of the features that separate Christianity from Judaism actually came from their founder Mozi 墨子(450 to 291 BC). He promoted universal love and came up with the idea of a heaven that only the virtuous could enter. He also came up with the idea that if you give a person a piece of bread you only feed them for one day but if you give them a fishing rod and teach them to fish, you can feed them for life.
The point being is that the Asian secret societies are already sold on the idea of make love, not war, with the West. They just don’t want to be raped, robbed and killed.
The obstacle to a world of universal love is now the still unsettled battle for control of the financial system and thus the process for deciding what humanity does in the future.
On that front, the latest news is the Dutch delegation that is visiting Indonesia this week on behalf of the Dutch royal family is upset that three Dutch World War 2 sunken warships that were discovered off the coast of Indonesia in 2002 have vanished.
http://www.indonesia-investments.com/culture/culture-columns/ahead-of-trade-mission-to-indonesia-dutch-war-graves-vanish-in-java-sea/item7364
“It is all about the Gold that was in those ships. The Dutch were trying to bring part of the ancient royal treasure that they had stolen from the Indonesia Royals of Java and Sulawesi to the Netherlands so the Japanese would not get it,” a WDS source in Indonesia explains.
It sounds like the European bloodline families were counting on this gold to back their efforts to keep control of the world’s financial system and now they are back to square one.
If there is in fact no gold, or if it has already all been stolen and used, we need to find this out ASAP. We cannot wait forever for these legendary million ton stashes of gold to appear. If the gold does not exist, a new reality based financial system can be made without it. Money can be backed by real estate, commodities, industrial facilities, labour etc.
As soon as a new, transparently, meritocratically and honestly run financial system is launched many wonderful things can start right away.
The Russians, for example, have already given the go ahead for a tunnel linking Siberia with Alaska. People and freight could then move by train from New York to London via Moscow.
http://inhabitat.com/russia-green-lights-65-billion-siberia-alaska-rail-and-tunnel-to-bridge-the-bering-strait/

We must stop fighting and starting saving the planet.


-----

フルフォードレポート英語版(11/21)
ハンガリー、英国、ブルガリア、モルドバはハザール支配~開放され、
オーストリア、イタリー、韓国が続く

ハザール暴力団支配からの惑星地球の開放は今、雪だるま式に膨れている。英国自身がBrexit国民投票で解放し、アメリカがドナルド・トランプを大統領に選ぶことで彼等自身を解放した。トランプの選挙に続いて、ブルガリアとモルドバで反ハザール政権の変化が続いた。次は12月4日のオーストリアの大統領選挙とイタリーの国民投票はそれらの国々を解放することが期待されている。これに続いて、5月にフランスの大統領にマリーン・ルペンが選出され、2017年のどこかでドイツ首相アンゲラ・メルケルの辞任の可能性が高い。

同様に韓国では、ハザール傀儡大統領朴槿恵は全くの腐敗を晒し、権力から排除されている。日本でも、右翼勢力がこの国の解放の道筋の準備として、パソナグループの南部靖之、ソフトバンクの孫正義他に対抗して動き出している。

ゲームの後半はEU、国連とIMFや世界銀行のような関連組織もまた、より代議的、実力主義的、民主的で有能な機関に取って代わられる前に崩壊することが予想される。

この成果の大部分は、ワシントンDCにおけるほぼ終わったが、まだ完結していない権力闘争に掛かっている。

ドナルド・トランプによって選ばれた最初の上級職員は全員米軍の退役軍人であり、彼の政府は米軍と強力につながりを持つだろうことは明らかだ。これは最終的には銃を持つ人が行動を起こすことを意味している。

海軍退役軍人スティーブ・バノンは戦略主任であり、退役軍人マイク・ポンペオ、ジェフ・セッションとマイケル・フリンは各々、CIA長官、司法長官と国家安全保障局長を務める。今のところ、ネオコンもハザール人も選ばれてはいない。

国防総省情報源は、ルドルフ・ジュリアーニ、ジョン・ボルトン、デイビット・ぺトラウス、ミッド・ロムにーなどのネオコンの名前が挙がったが、トランプは「あなた達は首だ」と言える。


新国家安全保障顧問の将軍マイケル・フリンは情況を以下のように述べている。
「我々は革命を経験したばかりである・・・・・これはおそらく、ジョージ・ワシントンが王にはならないと決めたときに彼にもたらされて以来、わが国歴史上で最大の選挙である。これがいかに重要であるかと言うことである。

http://www.reuters.com/article/us-usa-trump-flynn-idUSKBN13D0AD

明らかな兆候として、これは実際、革命であり、CIA情報源は、やり手の犯罪者ソロスは11月20日にこの著者によって報告したように廃除されたと我々に教えた。国防総省情報源は、舞台から排除されるべき人のリストには上院議員ジョンISISマッケインとマッケインを所有しているエドガー・ブロンフマンが含まれると言っている。

他の国防総省情報源は、先週、地下基地の徒党メンバーを追い出し逮捕するために特殊な兵器を破壊する目的で、特別の海軍「最後の審判」機がカルフォルニアからデンバーに飛行するために派遣された。

地下基地について言えば、南極の白龍会情報源は、「南極の我々のチームの一人が、デイビット・ロックフェラーとその息子リチャードを、欧州の他のエリート数名と共に基地で見たと言っている。そこで今、秘密最高会議が開催されている。聞くところによると、彼らは1月20日に向けて準備をしている。

他の情報源は、彼らは南極基地でロスチャイルドファミリも見たと言っている。(以下のリンクのロシアのドキュメンタリーは秘密南極基地についてこの著者が発見できた最も徹底的に研究された背景情報として推奨されている)

https://www.youtube.com/watch?v=MwUpPwyyvLw

これらのエリートはその基地で避難所か、あるいは惑星を去るチケットを見つけたいと思っているが、全ての証拠はこの惑星は何らかの形で隔離されていることを示しているので、彼らにはどちらも見つけることはできそうもない。

いずれにしても、ロスチャイルドとP2フリーメーソンのアグネリ家が所有しているエコノミストの2017年オカルト表紙から、血統家族は混乱状態にあると判断する。以下のリンクから見られる表紙は「惑星トランプ」と呼ばれ、タロットカードの特徴がある。

o0779102413803777229.jpg

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0591/1981/products/TW2017_Cover_UK_REV_NO-BC_trimmed_1024×1024.jpg?v=1479401028 (not foundになる)

https://ukshop.economist.com/products/the-world-in-2017?_ga=1.163472444.1228670650.1479661058# (代用)

ここにこの著者の最初の刺し傷があるが、それが何を意味するのか?(絵には発見できないが)

最初のカードは、「塔」と呼ばれ、カトリック教会が共産主義と伝統的なキリスト教派に分裂することを意味している。

二番目のカードの「審判」は権力のシンボルを保持しているトランプを示しており、彼が職を引き受けると彼らはニュールンベルグ型裁判を予想していることを示している可能性が高い。

三番目のカードは、「世界」と呼ばれ、グノーシスイルミナティ、ファミリが所有する中央銀行と一神教のシンボルは月の神と思われる統一した形を示している。彼らの上にはマリア(女神イシス)、聖書と太陽神と思われるものが見える。世界はこれらのシンボルに下で統一されると彼らは思っている。

「隠れ家」を呼ばれる四番目のカードは、北米がTPP、TTIPとEUに対して民衆運動を導くことを意味しており、彼らは彼らの「グローバル主義」の課題に対して逆らってゆくことを示している。

五番目は「死」と呼ばれ、災害、津波、魚の集団死、核兵器と作物崩壊を示しており、彼らが追い詰められたら、これらの災難を誘発するという血統家族の脅しを意味しているのだろう。

六番目は、「魔術師」と呼ばれ、彼らは3D印刷機と仮想現実が今年の最もハイテクな傾向であると予想している。

七番目は、「幸福の車輪」と呼ばれ、選挙の結果を待つ笑顔のルペンと起こっているアンゲラ・メルケルを示している。この著者は三番目の人が特定できません。(小生注記;オランダ政治家ヘルト・ウィルダースと言う説もある)

最後の一つの「星」は今年財政的裏付けを有する人気文化人を示しているようである。この人気文化人の知識が欠如しているこの著者が特定できる唯一はレディ・ガガだけと思われる。

とりわけ彼らの予言が示すものは、彼らがもはやこの惑星の運命を支配していないので、タロットカードに頼る理由である。

ロスチャイルドとアンゲリーには将来の出来事に関して仲間はずれになっているようなので、新政権が言っている中でどの情報源が出てくるか少し考えて見ましょう。

一つ目は、大統領オバマが1月20日に恩赦を発する能力がなくなるや、多くの欧米の有名政治家と個人によって行われた小児性愛、人間の犠牲について米機関からの暴露の洪水になるだろう。ブッシュ/クリントン家、ミットロムニー、カールローブ他はこれらの暴露に含まれると予想されていると、国防総省情報源は言う。

ロスチャイルドとその同盟国はまた、2006年のアジアの津波、日本の津波と2011年の核災害、ハイチの津波等を、実際に引き起こしたことに関して聴取が予想される。言い換えれば、世界は彼らの無差別大量殺人者であることが世界に分かることになる。

来月になれば、世界的ハザールマフィアを終わらせるために中国を含む米EUロシアとバチカンキリスト教派に一団が序章としてISISを殺すことになるトランプ/プーチンタグチームが明らかになるだろう。と、その情報源は言う。

中国側としては、すでに中国の特徴を持つキリスト教の一形態の方向を目指していると、中国秘密結社の情報源は言う。彼らはキリスト教をユダヤ教徒区と別することの多くのメリットは創始者墨子(紀元前450−291)に由来していると指摘している。彼は普遍的愛を促進し、有徳のみが入れる天国と言う考えに至った。彼はまた、人が一片のパンを与えれば、一日彼らを生かせることができるが、釣具を与え釣りを教えれば、一生食べることができるという考えにも至った。

重要なことはアジアの秘密結社はすでに愛を造り西側とは戦争をしないと言う概念を認められている。彼らはまさに強姦も略奪も殺人もしたくはない。

普遍的愛の世界への障害は、今や金融システムの支配、つまり人類の将来何をするかを決めるプロセスへの戦いが未解決なことである。

前線での最新ニュースは、オランダ王室の代わりに今週インドネシアを訪問するオランダ代表団は2002年にインドネシア沖で発見された第二次世界大戦で沈没した3艦の戦艦が消えたことを心配している。

http://www.indonesia-investments.com/culture/culture-columns/ahead-of-trade-mission-to-indonesia-dutch-war-graves-vanish-in-java-sea/item7364

「それらの船の中にあった金塊に関する全てである。オランダは彼らがジャバとスラウエッシから盗まれた古代王室の財宝を持ち出そうとしていたので、日本はそれに手を出さなかったと、インドネシアの白龍会は説明する。
欧州血統家族は世界金融システムの支配を維持するためにこれらの金塊を頼りにしているようであるが、彼らは一からやり直しです。

もしこの金塊が実際はないとか、あるいはすでに盗まれた使われてしまったとかであれば、我々はこれを速やかに見つけ出さなければならない。我々はこれらの百万トンの伝説的隠し金塊を永遠に待つことはできない。もし金塊が存在しないのであれば、新しい現実にもと好いて金融システムをそれないで作ることができる。お金は不動産、商品、産業施設、労働力等によって裏打ちすることができる。

新しい透明で、能力主義で誠実に運営される金融システムが立ち上がれば、多くのすばらしいことが始まる。

例えば、ロシアはすでにシベリアとアラスカを繋げるトンネルを進めている。人と貨物が列車でモスクワ経由でニューヨークからロンドンまで移動することができる。

http://inhabitat.com/russia-green-lights-65-billion-siberia-alaska-rail-and-tunnel-to-bridge-the-bering-strait/

我々は戦いを止め、そして地球を救うことを始めなければならない。

(転載終了)
posted by マジケン at 02:28| Comment(0) | Benjamin Fulford Report

フルフォードレポート英語版(11/14)

English -- BENJAMIN FULFORD: 14:11:2016 -- FULL REPORT
Carpe diem seize the day and mount a final assault on the Khazarian mafia
November 14, 2016
Author: Benjamin Fulford
In the war against the Khazarian mafia, the election of Donald Trump as President of the United States is as the Russian victory at Stalingrad was for World War 2: a tide turning victory. However, it also means the war is far from over.

This is how a source who was in a secret meeting in Antarctica on US November 8th election day described the situation:

“The whole election strategy changed when John Kerry went to Antarctica as ordered. He was told by the special elite, the Gnostic Illuminati, who are still in control of this planet, to tell Obama and Clinton to back off and let Trump win.

As we know, Hillary is only a front for the cabal and will most likely self-terminate within a few months at the most. Bill Clinton is at the end game now. His quadruple bypass surgery is not able to pump blood through his lifeless body anymore. We are informed that he will be gone by year end”.

https://ssl.gstatic.com/ui/v1/icons/mail/images/cleardot.gifThis order to Kerry was followed by a special-forces attack on a Khazarian base in Denver that successfully stopped cabal efforts to steal the US election on behalf of their zombie proxy Hillary, CIA sources say.

The Pentagon, for their part, say “Mass arrests began right after the election, butt hurt Hillary cried a river when told to concede or she’ll be arrested, [President] Obama was ordered to stay in DC, finish ISIS, stop delaying the Global Currency Reset, and meet Trump to ensure a smooth transition.”

In addition to this the US military is advising President Elect Donald Trump to “not appoint neocons, Jews [all Jews must recuse themselves from senior government positions until it can be confirmed they are not working for the Khazarian mafia], bankers, or Bush minions to the cabinet or White House.”.

In addition, the Pentagon sources say “Soros-funded protests have sped up the Trump plan to terminate the Bush-Clinton cabal before inauguration.”

The attack must continue relentlessly on all fronts until humanity is freed from Khazarian control.

The Manchu occupation of China is a good analogy to the how the Khazarians control the West. In Manchu China, native Chinese who passed the civil service exam were allowed to progress up the bureaucratic ladder to a certain point but all the positions at the very top were filled by Manchus. In the West it is the same, intelligent, hard-working technocrats can rise to positions like deputy director but the top first, second and often third positions in most large, powerful organizations are held by Khazarian mobsters or their proxies.

The Khazarians have been removed from the Pentagon, and Gnostic Illuminati sources say FBI Director James Comey has also been confirmed to be clean despite false wikileaks claims that he received funds from the Clinton Foundation. The State Department and other branches of the government must now in turn be cleansed of gangsters if the US is to be freed.

Also, the Trump election means the Khazarian controlled TPP and TTIP trade deals are now dead. “Trump is now poised to remove rigged corporate tribunals from NAFTA and all trade deals in a massive defeat for the Khazarian mafia,” the Pentagon sources say.

The Pentagon is also planning a huge data dump about 911 in order to force Donald Trump to convene a 911 tribunal, the sources say. The New York Times will also be “forced to report on 911 and other Khazarian crimes,” they say.

In Europe, meanwhile, here is how the Pentagon describes the next phase in the attack; “NATO is in in disarray as the military sent tons of ammo to US troops in the EU for arrests, and cabal stooges like [German Chancellor Angela] Merkel and [French President Francois] Hollande are to be replaced by nationalists. The Trump-led American revolution expands to Europe to remove Khazarians from power.”

The Russians and Chinese have also now been put in charge of Interpol “so that they can sweep up lower level cabal flunkies,” the Pentagon sources say. They, together with the gnostic illuminati, are also hunting for the master criminal George Soros.

In Asia, meanwhile, the battle over the real prize, the ability to create and distribute money world-wide, has yet to be concluded.

Here is what CIA sources in Asia say is happening:

“Mark Rutte, the Dutch PM and spokesman for King Willhem-Alexander (and his mother Beatrix the former queen) will be in Jakarta on the 23rd of this month, along with his trade mission delegates. He is coming to negotiate their claim and the recovery of their share of the Au stored in Jakarta and Semerang on behalf of the Netherlands, i.e. The Vatican and their patrons. We are closely monitoring the situation”.

In other words, the bloodline families are aiming to continue their control of the planet by laying claim to the legendary gold stashes in Asia and the right to create money that is based on these claims.

As Neil Keenan points out, if they can conjure up $50 trillion out of thin air by claiming ownership of 1 million tons of gold, they can win the war and buy (bribe) their way back into full control of the planet.

The day Donald Trump’s election was confirmed the UN declared a fast track strategy for the implementation of its sweeping 2030 Agenda.

https://www.technocracy.news/index.php/2016/11/09/general-assembly-...

This is a well-intentioned plan put forth by the bloodline families but it is way too little too late for this planet. Under this plan only a tiny fraction of the $50 trillion the bloodlines are plotting to create would ever reach the people who really need it. With humanity in control of its own future, i.e. in control of the process of creating and distributing money, trillions of dollars could be made available to end poverty and stop environmental destruction within a matter of months, not decades.

Also, the top ranks of the UN and other cabal created international institutions are hopelessly corrupt and incompetent. Just take for example the fact that Saudi Arabia is on the UN human rights tribunal. In Saudi Arabia, if a married woman is raped by somebody other than her husband, she is punished by being buried up to the waist and then stoned to death. Saudi Arabia is not a country but rather a family owned slave plantation.

Entirely new organizations need to be set up to take over the functioning parts of existing international organizations and dismantle the corrupt and evil parts of these groupings. This is especially true for the groups like the WHO who have been involved (almost always without the rank and file being aware) in spreading bio-weapons as part of a population culling plan.

The White Dragon Society is monitoring the gold situation as are the Chinese army, the Pentagon and other agencies. The world’s financial system is not going to remain under the control of genocidal gangsters no matter what happens. The WDS is willing to broker a compromise between the benevolent bloodline families and the gnostic illuminati to create a win-win solution on the gold and financial system issue. The Dragon family is also on the case. The WDS expects to hear from the Rothschild and other bloodline families soon.

The gnostic illuminati say the bloodlines would rather die than surrender and are instead planning once last big offensive aimed at retaining their control. This is likely to take the form of attempted coordinated assassinations of leaders like Trump and Head of US Joint Chiefs of Staff General Joseph Dunford.

However, the world’s military forces have already sent clear messages to the Vatican and the bloodline families. Pentagon sources note the recent earthquakes in Italy quakes “may have convinced the Vatican not to grant conversions or provide asylum to senior cabalists.” Remember how Tony Blair and George Bush Senior went to meet the pope and convert as soon as they left office? They were announcing to the world they had P2 Freemason lodge protection and so could not be prosecuted for their war crimes in Iraq and elsewhere. Pope Francis is being advised not to repeat the mistakes of his predecessor pope maledict.

Furthermore the Pentagon sources say recent “quakes with minimal damage in Argentina and New Zealand are warnings to the cabal they have no place to hide.”

In addition, the sources say “underwater bases at the Horn of Africa and the Black Sea were destroyed after General Dunford visited Turkey plus Saudi Arabia and Russian PM Dmitry Medvedev visited Israel.”

In Japan, meanwhile, the Khazarian slave regime of Shinzo Abe is in a state of total panic now that their masters in the US have lost power. Sources in the Japanese underworld say that Heizo Takenaka, the former finance minister who handed control of Japan’s corporations to the Khazarian mafia, has fled to his apartment in Kyoto but that he will not be safe no matter where he goes. The same goes for all the other traitors in Japan, the Japanese underworld sources say. Right wing sources linked to the imperial family are saying preparations are under way for a new Japanese government and a serious economic, governmental and social overhaul.

The Chinese government and establishment, for their part, were also initially shocked by Trump’s election but they are now realizing that, despite his campaign rhetoric, a Trump regime is actually more in China’s interests than a Clinton regime would have been. The Chinese were advised the Khazarian mobsters behind Clinton would tell the Chinese whatever they wanted to hear and then stab them in the back the first chance they got. In contrast, Trump advisers are already telling China the US is considering joining the Chinese-initiated Asian Infrastructure Investment Bank, Chinese government sources say. The US is also negotiating a deal to trade Chinese military gold stashes for hard currency.


Source: Antimatrix.org

Carpe diem = Carpe is the second-person singular present active imperative of carpō "pick or pluck" used by Horace to mean "enjoy, seize, use, make use of".[2] Diem is the accusative case of the noun dies "day". A more literal translation of "carpe diem" would thus be "pluck the day [as it is ripe]"−i.e., enjoy the moment.


Meaning
In Horace, the phrase is part of the longer carpe diem, quam minimum credula postero, which can be translated as "Seize the day, put very little trust in tomorrow (the future)". The ode says that the future is unforeseen and that one should not leave to chance future happenings, but rather one should do all one can today to make one's future better. This phrase is usually understood against Horace's Epicureanbackground.[6] The meaning of "carpe diem" as used by Horace is not to ignore the future, but rather not to trust that everything is going to fall into place for you and taking action for the future today.[7

-----

フルフォードレポート英語版(11/14)
カルペ・ディエムは今を生き、
ハザールマフィアへの最後の攻撃を仕掛ける

ハザールマフィアに対する戦争において、米国大統領としてのドナルド・トランプの選挙は第二次世界大戦におけるスターリングラードにおけるロシアの勝利であったように、潮目が変わった勝利である。しかし、それはまた戦争は終わっていないことを意味している。

これは11月8日の米選挙日に南極での秘密会議に参加した情報源が情況を説明したものである。

「ジョン・ケリーが命令されて南極へ行ったら、全選挙戦略が変わった。彼は依然この地球を支配しているグノーシス・イルミナティの特別エリートからオバマとクリントンに戻ってトランプを勝たせろと言われた。我々が知るように、ヒラリーは徒党の前線にすぎず、せいぜい数ヶ月以内に自己終結する可能性が高い。ビルクリントンは今、終盤の試合に臨んでいる。彼の四重のバイパス手術は彼の生気のない体を通じて血液を送り出すことはできない。我々は彼は年末までには去ることを知らされている。

ケリーへの命令の後、デンバーのハザール基地への特殊部隊の攻撃が続き、彼らのゾンビ傀儡ヒラリーに代わって米選挙を盗む徒党の企みを止めたと、CIA情報源は言う。

国防総省としては、選挙後に大規模逮捕が始まり、譲歩するか逮捕されると言われたとき、憤慨したヒラリーは泣き止まなかったと言っている。オバマはDCに残り、ISISを終わらせ、世界通貨リセットの延期を停止し、スムースな移行を確実にするためトランプに会うように命令された」

これに加え、米軍は大統領選出のドナルド・トランプに、ネオコン、ユダヤ人(全てのユダヤ人は彼らがハザールマフィアのためには働いていないことが確認されるまで、上級官僚から自分自身を拒絶しなければならない)銀行家、ブッシュ手下を内閣やホワイトハウスに指名してはならないと助言している。

さらに、国防総省情報源は、「ソロスの資金援助を受けた抗議行動はブッシュ−クリントン徒党が政権を打ち切る前にトランプ計画を終わらせるために加速した」と述べた。

攻撃は人類がハザール支配から解放されるまで、全ての前線で絶え間なく継続されるであろう。

中国の満州占領はハザール人の西側支配の方法に良く似ている。中国満州では、公務員試験に合格した中国人はあるレベルまで官僚的梯子を上ることはできたが、最上の地位は全て満州人によって満たされた。西側でもそれは同じで、知的で勤勉な技術者は副監督の地位までは上がることはできても、大規模な強力な組織の最高1位、2位、そしてしばしば3位まではハザール暴徒或いはその傀儡で保持される。

ハザール人は国防総省から取り除かれつつあるが、グノーシス・イルミナティはFBIのコミー長官は、彼はクリントン財団から資金を受け取ったという嫌疑をウィキリークスに掛けられているが、再び問題ないと確認されたと言っている。国務省や他の政府機関は米国が解放されるに従って、順にギャングの清掃をしなければならない。

また、トランプが選出されたということはハザール人支配のTPPとTTIP貿易条約が今は死んだことを意味している。

トランプは今、ハザールマフィアの重大な敗北にあたり、NAFTAと全ての貿易条約から不正に操作された企業裁判を取り除く準備ができていると、国防総省情報源は言う。国防総省はまた、ドナルド・トランプに対して911裁判を召集させるべく、911に関する膨大なデータを放出を計画していると、その情報源は言う。ニューヨークタイムスも911とハザール人の犯罪について報告をさせられることになるだろうと、彼らは言う。

一方、欧州においては攻撃における次の段階を述べていることが分かる。「米軍が逮捕のためにEUにいる米軍に大量の弾薬を送ったのでNATOは混乱状態にあり、徒党手先のメルケルとオランドは民族主義者に取って代わられるだろう。トランプ主導のアメリカ革命が欧州にも広がり、権力からハザール人が取り除かれる」

ロシアと中国もまた国際警察を担当しているので、彼らは低レベルの徒党仲間を掃討することができると、国防総省情報源は言う。彼らはグノーシスイルミナティと共に犯罪者ジョージソロスのために狩をしている。

一方アジアにおいては、本当の褒美に関する戦い、つまり金を世界に広く造り配布する能力はまだ結論付けられていない。

アジアのCIA情報源によると:

「ドイツの首相マーク・ルッテとウィルヘルム・アレクサンダー王(と彼の母親の前女王ベアトリックス)は今月の23日に貿易使節団と共にジャカルタを訪問する。彼は彼らの主張とオランダ(すなわちバチカンと彼らの後援者)を代表してジャカルタとセマランに保存されている金塊の彼らの分け前の回復の交渉に来る。我々は情況を注意深く監視している。

言い換えれば、血統家族はアジアにおける伝説的金塊の隠し場所とこれらの主張に基づくお金を作り出す権利を主張することでこの地球の支配を継続しようとしている。

ニールキーナンが指摘するように、100万トンの金塊の所有を主張することで何も無いところから50兆ドルを作り出すことができるならば、彼らは戦争に勝つことができて、この惑星の完全な支配に戻る道を買う(買収)ことができる。

ドナルドトランプの選挙は、国連が2030年の課題の一掃の実行に対する貿易促進権限戦略を確定した。

https://www.technocracy.news/index.php/2016/11/09/general-assembly-president-outlines-strategy-stepped-implementation-un-2030-agenda

これは血統家族によって提出された善意の計画ですが、地球にとってはあまりにも小さすぎるし、遅すぎる。この計画に下で、血統家族が作る計画の50兆ドルのほんのわずかしか、それを実際に必要としている人々に届かない。金を作り出し配布する過程における管理のような自身の将来の管理に人類が関与することで、数兆ドルで数十年ではなく数ヶ月のレベルで貧困を終わらせ環境破壊を止める事ができるであろう。

また、国連と他の徒党が作った国際機関は絶望的に腐敗し無能である。例えばサウジアラビアが国連人権裁判所に加わっている事実である。サウジアラビアでは既婚女性が夫以外の他の男に強姦されると腰まで埋められて石打にされ死に至る。サウジアラビアは国ではなく、むしろ家族が所有する植民地である。

現存する国際組織の機能部分を引き継ぐために全く新しい組織を設立して、これらのグループの腐敗した部分を解体する必要がある。これは特に、人口淘汰計画の一環として生物兵器を拡散することに関与してきたWHOのような集団に当てはまる。

白龍会は中国軍、国防総省や他の機関のように、金の状態について監視している。世界金融システムは何があろうとも大量虐殺暴力団の管理下に留まることはありません。白龍会は金と金融システムの問題について両者にとって良い解決を作るために慈善血統家族とグノーシスイルミナティの間の妥協を仲介するつもりである。ドラゴンファミリもこの件に関わっている。白龍会はまもなくロスチャイルドや他の血統家族からも話を聞く予定である。

グノーシスイルミナティは血統家族は降伏よりも死ぬべきであり、その代わりに彼らの支配の維持に対して過去最大の攻撃を計画している。これはトランプや統合参謀本部将軍ジョセフ・ダンフォードの仕組まれた暗殺未遂を引き起こす形で起こる可能性がある。

しかし、世界の軍隊はすでに、バチカンとその血統家族に明確なメッセージを送っている。国防総省情報源は、最近のイタリアでの地震はバチカンに上級徒党に対する改宗と保護の提供をやめるよう説得できるかもしれないと注目している。トニーブレアとジョージ・ブッシュ・シニアが辞任すると直ぐに教皇に会い改宗に行ったことを思い出してください。彼らは世界に対してP2フリーメーソンロッジの保護を得たのでイラク他の戦争犯罪に対して起訴できないことを知らしめた。フランシスコ法王は前任の法王ベネディクトの過ちを繰り返さないように助言されている。

また、国防総省情報源はアルゼンチンとニュージーランドにおいて最小限の被害を伴った最近の地震は隠れる場所は無いと言う徒党に対する警告であると言っている。

さらに、その情報源は、将軍ダンフォードがトルコとサウジアラビアを訪問し、ロシア首相ドミトリー・メドヴェージェフがイスラエルを訪問した後にアフリカのホーンと黒海の水中基地が破壊されたと言っている。

一方日本では、安倍晋三のハザール奴隷政権は米国の彼らのご主人様が権力を失ったので今、完全なパニック状態である。日本の地下世界の情報源は、多くの日本の企業をハザールマフィアに渡した元金融相の竹中平蔵は京都の彼のアパートに逃げ込んだが、しかし、彼の行く所はどこも安全ではない。同じことが日本の他の裏切り者に対して起こるであろうと、日本の地下組織の情報源は言う。皇族につながる右翼情報源は新日本政府と重要な経済、政治と社会の改革の準備が進められていると言っている。

中国政府と企業もまた、トランプの選出に初期は衝撃を受けていたが、今は彼の選挙運動のレトリックにもかかわらず、トランプ政権はクリントン政権よりも中国にとってメリットがあることを認識している。中国人はクリントンの背後にいるギャングは中国が聞きたいことは何でも話すが、彼らが得た最初のチャンスに背中を刺すだろうと言われた。それとは対照的に、トランプの顧問はすでに米国は中国主導のアジアインフラ投資銀行への参加を考えていると伝えていると、中国政府情報源は言う。米国はまた、堅実な通貨として中国軍の金貨幣との取引の交渉もしている。

(転載終了)
posted by マジケン at 02:28| Comment(0) | Benjamin Fulford Report

フルフォード11/7,2016:

フルフォード11/7,2016:
どちらがアメリカ大統領になろうとカバールの敗北は決定している

世界権力機構のトップの激しい抗争は、11月8日に茶番大統領選挙でどちらが勝利しようとも、決着することなく続くことになる、とアメリカ機関のソースは伝えている。

しかし、この抗争劇は、新しい大統領が公式に権限を行使することによって、2017年1月20日までに決着すると、彼らは伝えている。

最高レベルでの戦いは、数世紀(数百万年間)にわたって西洋世界を支配し続けてきた闇の13血族の間の権力抗争であり、闇の血族とその支配に対立してきたグノーシス派イルミナティーの間の闘いである。

ヒラリー・クリントンを支援する勢力は、バロンイヴリン・ド・ロスチャイルドと共に、P2フリーメイソン・ロッジの背後にいる古いイタリア貴族系勢力である。このことは、ロスチャイルド家とP2アニエリ兄弟が所有しているエコノミスト誌などの闇の血族支配メディアがヒラリーを支援していることで確証できる。さらに、ヒラリー・クリントンはロスチャイルド男爵の妻であるリン・フォレスト・ド・ロスチャイルド、と密接に屈従していることを示すウィキリークスが暴露した電子メールで確認することができる。

闇の血族の権力の主要なソースは貨幣を製造して分配するプロセスを掌握していることにある。すなわち、世界の中央銀行のほとんどを彼らが所有していることにある。彼らは、その資金を賄賂や脅迫そして、自分たちの支配力を保持するために行う高い地位にある人物の暗殺などのために使用してきた。さらに彼らは、その資金を使って共謀するメディアをコントロールしてきた。今回の大統領選挙でヒラリーが僅差でトランプを破って当選するというプロパガンダが、CNNやクリントン・ネットワークとして知られるメディアを使って行われてきた事実は、注意してこれまでの報道を観察すれば、誰の目にも明白である。

ドナルド・トランプの背後には、グノーシス派イルミナティーが関与していて、支配勢力血族以外の天才的な人材を集めていると、イルミナティーのソースは伝えている。イルミナティは、能力主義を好み、世界の政府機関や軍は実力主義であるため、それは彼らがいくつかの傭兵を除いて銃を持つ人々のほとんどをグノーシス派が押さえていることを意味する。

米国のホワイトドラゴン協会のメンバーからの直接報告はまた、大衆レベルでのドナルド・トランプへの圧倒的な支持を明らかにしている。 ここで彼のレポートは次のとおりである。

「私は2週間前に”ヒラリーラリー”に行ってきたが、 せいぜい多くても1500人しか集めていなかった。 金曜日の夜に、私はハーシーのPAでのトランプ大会に行ってきた。 それは、トランプが少なくとも15,000、プラス7000の外側、ホッケー競技場を埋めていた。 ヒラリーは、自分の戦争挑発演説にハト派リベラル派を動員していた。」

これは、米国防総省のソースが、米国大統領選挙について言わなければならなかったことである:

「選挙は、投票詐欺やその他の犯罪が露出されて国民を動揺しないように進行させることになる。 その直後共和国が発表され、ヒラリーと秘密結社逮捕、とFRB、司法省、FBI、IRS、DHSやCIAなどの腐敗した機関は、廃止または改質される。」

機関は小児性愛、汚職、人間の犠牲と闇の血統が犯した他の非道に関する情報の洪水をくみ出すためにインターネットで、それらの暴行を公開している。 この例を見るには、以下のリンクをクリックしてほしい。

http://imgur.com/a/L9bA1

https://www.youtube.com/watch?v=qfL5KwUuvMc

https://www.youtube.com/watch?v=1UYYZA4DxDw

闇の血族は、完全な恐怖状態に陥っていて、文字通り南極ベースに逃げこんで恐ろしい何かをやってのけようと画策している。この作家(フルフォード?)は 、エリートの多くのメンバーが、南極基地に逃げることを最近書き始めたが、多く荒らしによって告発された。 しかし今では、"スカル&ボーンズ"のジョン・ケリーが11月8日の選挙当日に南極に飛行機で逃亡する予定であることを公式の米国国務省のウェブサイトで確認することができる。

http://www.state.gov/r/pa/prs/dpb/2016/11/264091.htm

闇の血族と共謀する娼婦メディアは、ケリーが気象変動を研究するために南極へ行くと記者会見で報告したが、CIAのソースはケリーの南極逃亡の真の理由をこう伝えている。

「気象変動の研究などとは馬鹿げた戯言だ!これらのろくでなしどもは、内戦をしたいのだ。そのために南極で秘密会議を開いて、エリートから指示を受けようとしているのである。」

アジアのCIAソースはこう伝える。

「私は、昨夜セキュアーラインに呼ばれた。このコンタクトで私は、ケリーのチームは、南極に移動してアメリカ国内の首脳やさまざまな国の上級外交官と会談を行い、約一週間、連絡不能になる。

ケリーはオブザーバー参加となるが、この情報は必要な場合を除いて、メディアには隠してほしい。彼らは「グリッド基地の特別オフ」に入る。いくつかの国々は、永続的な超トップシークレット軍事施設に配置される。

南極秘密会議の主要な議題は、闇の血族のコントロールから世界の金融システムが離脱するパリ協定の差し迫った批准に関することになると思われる。このニュースレターが公開される11月7日にモロッコで始まる交渉で、これらの協定を批准することになっている。」

ペンタゴンのソースは、「ヒラリーへの対抗的な一撃によってカバールのメンバーは動揺して正義の審判を逃れて宇宙船で逃亡して、地震で破壊されたイタリアの地下秘密基地に避難しようとしている。その一方で、ケリーは南極に移動せざるをえなくなった。」と、伝えている。

イルミナティーは、イルミナティーへの攻撃への反撃を口実にして、東京に核ミサイルを発射するために、グアムに潜水艦を確保している。さらに、闇の血族は、偽のエイリアン攻撃をねつ造して、アメリカの電力送信網にEMP攻撃をかけて、アメリカ政府の転換を妨げようとしあていると、CIAのソースは伝えている。

闇の血族はまた、苦難から逃げ出す道を買い求めようとしている。それが、この作家とニール・キーナンによって以前に報告されているように、エブリン・ド・ロスチャイルドが、鍛造金裏打ちされた証明書に基づいて41兆ドルを作り出そうととしてきた理由である。実際に、先週ロスチャイルドのエージェントはホワイトドラゴン財団に近づき、彼らが提案する将来計画機関を起動する資金の提供を申し出た。

しかし、もしWDF(WDFの一部)がこの資金提供を受け入れれば、それはロスチャイルドと闇の血族がゼロから資金を作り出す神のようなパワーを保持させ続けて、この惑星とその住民に対する支配力を存続させることになる。WDSは、新しい金融システムは真実(創造主の意思)に基づいて、構築されるべきであり、詐欺に基づくものであってはならないと信じている。さらに、資金を作り出して分配するプロセスは、透明な公的サービスによって行われるべきで、私的な独占事業であってはならないと考えている。


ペンタゴンのソースは、こう伝える。「パリ協定は、11月4日に世界的な執行段階に入り、カバールは大統領選挙後ただちに、権力の座を終えて、人類すべての利益になるGCR(国際通貨リセット)に移行しなければならない。」

さらに彼らはこう伝える。「FBIが起訴したヒラリーのEメールと小児性愛、司法妨害、恐喝とIRS違反のクリントン財団の給与問題はまだ残されている。ビル・クリントンは、エイズの重症で裁判を受けるまで長くは生きられない。」しかし彼らは、福島、イラク、ハイチ、そして至る地域での大量殺人には、言及していない。

一方、日本では安倍奴隷政権と与党自民党は、降伏の白旗を掲げていると、皇室のソースは伝えている。日本のロスチャイルド・トップエイジェントのマイケル・グリーンバーグは、横田空軍基地に拘禁されていると伝えられている。

韓国では、カバールの手先:朴大統領政府は、事実上のカルト宗教によって運営されているという曝露によって動揺している。 この情報は、支持率が5%に低下すると共に、彼女の辞任を要求する数十万人のデモ隊を街頭に集めた。

http://mashable.com/2016/11/06/south-korea-protest-park-geun-hye/#xTNZFPmQouqt

一方、NSAのソースによると、フィリッピン大統領ロドリゴ・ドゥテルテはアヤラとタン犯罪組織のために働く麻薬密売人で、彼のいわゆる麻薬戦争は、自分たちのギャング組織がフィリッピンの麻薬密売を独占するための競争による殺人を正当化する口実であることが明らかにされた。

軍や諜報コミュニティのソースによると中国では、習近平大統領は、与党共産党の最上部に支持を確保した一方で、経済の弱化が彼のランクを低下させて、汚職の取り締まりもライバルへの攻撃だと、今は見られている。

さらにロシアでは、プーチン大統領は本物ではないと気づき始める人々が、政府内でも増えていて、これはロシアの外交官がプーチンを記述するためにETの絵文字を使用しているという事実に見ることができる。

http://www.dailymail.co.uk/news/article-3908668/Vladimir-Putin-alien-Diplomats-use-grey-ET-emoji-Russian-leader-private-WhatsApp-chats.html

「アメリカ大統領:バラク・オバマ、習近平とプーチンはすべて怖がられている。なぜなら闇の血族の権力構造が崩壊しつつあるからだ。」イルミナティーの上級メンバーはこのように状況を述べている。

この状況の中で、70年に一度のスーパームーンが11月14日に出現しようとしていることに注目すべきである。この週は興味深い一週間になるだろう。

The Benjamin Fulford Report, November 7, 2016

(転載終了)
posted by マジケン at 02:27| Comment(0) | Benjamin Fulford Report

フルフォードレポート英語版(10/18)

フルフォードレポート英語版(10/18)
核戦争の空脅しににもかかわらず、
徒党の引きず降ろしが続いているので、ヒラリークリントンは隠れている。

ニュースや秘密世界の多くの出来事によって分かるように、世界の出来事は明らかに今後数週間で、ある種の大きな転換点に向かっている。続いていることは世界権力支配を争う二大派閥が金融システムの支配、つまりは人類が将来やることを決定するプロセスの支配のための、生き残りをかけた戦いの最終ラウンドに入っていると言うことである。

結果は少なくとも1913年以降、そして欧州では数千年の間、秘密に世界権力を支配してきたハザールマフィア徒党の敗北が確実に見えている。

例えば、ニュースや公共の場で我々は、米民主党大統領候補であり上級ハザールマフィアのヒラリークリントンは共和党候補ドナルド・トランプとの予定された討論(これらも同様に取り消される可能性がある)以外の全ての選挙運動における公の出現は取り消されたことを見ることができる。

https://hillaryspeeches.com/scheduled-events/

米大統領選でそのようなことは今までに起こったことが無いし、CIA情報源による米選挙は取り消されると言う主張を裏付けている。

しかし、一人の候補(ヒラリー)が脱落するので選挙はキャンセルになると言っている一派の情報源によると、米国内で権力闘争は荒れ狂っていることは明白である。この派に繋がるCIA情報源は依然、選挙はキャンセルされ、大統領オバマは辞任し、そして副大統領のジョーバイデンがヒラリーの副大統領候補のティム・カインによって置き換わるまでの短い期間、引き継ぐことになると言っている。

しかし、他の上級CIA情報源は、「彼らはヒラリーが脱落した場合も、選挙を止められないので、民主党はドナルド・トランプに対抗する他の候補を見つけなければならなくなる。トランプは勝ち、彼は大量逮捕を始め、そして誰もそれを止めることはないだろう」と言っている。

これらの二派はそれぞれ、新金融システムがどのようになるかに関する見解を持っている。この点に関して、この著者はついにニールキーナンと接触することができた。ある第三者がキーナンとこの著者のスカイプ・アカウントを乗っ取り、キーナンの振りをした。これが可能な唯一の人間はスカイプの所有者ビル・ゲーツである。ビル・ゲーツへのメッセージ:降伏または死。キーナンはそこでの私の情報源と同じように、バチカンP2ロッジの彼の情報源は新金融システムの基本としてP2はジンバブエドルかまたはイラク・ディナールを使うことを好むと言っている。

この理由はこれらの通貨のどちらもロスチャイルドファミリの支配下にいないと、彼らは言う。彼らはまた、これらの通貨はグローバル担保口座によって裏打ちされ得ると主張している。

しかし、ロスチャイルドとハザールマフィアの欧州派は中国を運転席に座らせた現状システムの継続を強く推している。中国とP2情報源は共に、この一環としてIMFと世界銀行は既に中国によって乗り変わられていることを認めている。IMF専務理事のクリスティーヌ・ラガルドは単なる名目で、実権は今三人の中国人当局者の手の内にあると彼らは認める。

これは確かに、米ドルに置き換わる新国際通貨の一つとしてIMFの特別引出し権(中国元への転換)を促進する中国の突然の意欲を説明できるだろう。

ゼロヘッジによれば、このことは、これらの主張を裏打ちするように思える:

「歴史的出来事と呼ばれるものの中に、8月31日に世界銀行はSDR建て債権の最初の発行者になり、それが中国で5億SDR売った時に元で処理された。その後、一晩で、また別な歴史的事件として、スタンダート・チャータード銀行(香港)は金曜日に、中国の銀行間債券市場における特別引出し権建ての最初の債券発行者のになる承認を中国人民銀行から得たと発表した」

http://www.zerohedge.com/news/2016-10-14/standard-chartered-becomes-frst-commercial-issuer-sdr-bonds-china

ブッシュ/クリントン/ロックフェアラーの旧ドルシステムの支配者達は依然として、ウクライナ、米連合メディア、イスラエルとクウェートとサウジアラビアの湾岸石油君主国を含む彼らの最終的拠点に勢力的に戦いを仕掛けている。

アレッポ、シリアの戦いは実質、旧石油ドルマフィアの最後の砦である。このマフィアはイスラエルの戦闘機を米国の印を付けてロシアの航空機を攻撃する為に出撃させることで第三次世界大戦を誘発しようとしている。それが、ヴィタリー・チュエルキンロシア国連特使がアレッポ、シリアの状況は惑星規模の危機だと公に宣言した理由です。

http://tass.com/politics/906789?_ga=1.249774086.1809548804.1461811033

国防総省情報源は彼らの役割として、最近のイエメン沿岸レーダーに対する米ミサイル攻撃は、ロシアが中国の覇権を牽制する為にカムラン海軍基地(ベトナムの)に戻ってきたので、南シナ海の中国軍事基地に対する警告であった。これは米軍が砂漠に線を引いて中国がアラビア半島の石油ガス利権を引き継がせないと言っているようなものです。中東の石油ガスパイプラインの分割方法に関する最終的解決はおそらく、ロシア正教総主教キリルがエリザベス女王の訪問の為に英国を訪問する本当の理由の一つであろう。

http://tass.com/society/906703?_ga=1.255075336.1809548804.1461811033

イスラエル市民の多くはロシアから来ているという主題が再び持ちあげっている。、国連教育科学文化機関(ユネスコ)はロシアと中国の支持を受け、イスラエルは二国間問題の先駆者であるフランスは留保し、オバマは拒否権を発動しない決議案を可決したと、国防総省情報源は言う。ユネスコはローマ皇帝ティトゥスがAD70年にエルサレムを完全に破壊してから歴史的つながりは無く、西壁(嘆きの壁)は寺院のものではなく、ローマのアントニア砦の跡である。ロシアは英国もこの決議案に拒否権を行使しないこと確認したかったので、イスラエルは終に国際社会からその非科学的、非歴史的、その地域の非社会的行為を止めさせられ得る。もし彼らがその創造者と本当の関係を保ちたいなら、現実のユダヤ人は本当の歴史的、科学的証拠を使うことができると、白龍会情報源は言う。ロシア総主教の二国間で始めての訪問のもう一つの理由は、ハザールマフィアの崩壊後、世界が進むべく方向を議論することであると、ロシアと英国の白龍会情報源は言う。この議論にはまた、現在英国に保管されているロシア帝国金塊の返還の条件として、ロシア皇帝を指名するかどうかの問題も含んでいると、彼らは言う。

P2ロッジ情報源は、ジョージ・ブッシュ・シニアは政治的関与を避け、彼の麻薬ビジネスにのみ集中するというブッシュの主張からの彼らのメッセージを発信した。それはこの時点ではおそらく遅すぎて、ブッシュは彼の有名な言葉のように彼を絞首刑にしたいアメリカ人と直接取引しなければならなくなる。

ビルとヒラリーは大量殺人者であることが公になっている証拠が増えている。米最高裁判所判事アントニン・スカリアの不思議な死の数日前に、湿った話に言及したクリントン選対の管理者ジョン・ポデスタに関するウィキリークスの暴露は氷山の一角である。

http://www.thegatewaypundit.com/2016/10/wikileaks-uncover-murder-plot-podesta-documents-suggest-scalia-assassination/

クリントン家に対する殺人訴訟の殺到が準備されており、この犯罪家族はブッシュ/ロックフェラー仲間と共に引き摺り下ろされると、CIA情報源は言っている。これに関連する話は、今後増えるものの中の一つに過ぎないと、その情報源は言う。

http://americannews.com/breaking-clinton-hit-with-murder-accusation-this-is-the-moment-weve-all-been-waiting-for/

クリントン家とその仲間のギャングは選挙を中止させ、大量殺人に対する裁判と法罰を回避する口実としてEPM攻撃を使おうとしていることはほぼ間違いが無い。問題はそれをロシアの所為にするか、宇宙気候変動にするかを決めかねているようである。

https://www.whitehouse.gov/the-press-office/2016/10/13/executive-order-coordinating-efforts-prepare-nation-space-weather-events

http://www.whatdoesitmean.com/index2140.htm

いずれにしても、彼らは今回は、牢獄を免れる為の意図的な大量殺人テロ事件を使うことはできないと、国防総省とその機関の情報源は認めている。国防総省情報源は、「ノーベル文学賞は、今案で歌に対して一度も与えていないが、平和賞を獲得したオバマへと、また第三次世界大戦を止めるために徒党に対するメッセージとして、反ベトナム戦争のシンガーソングライターのボブ・ディランに贈られたと言っている。

一方アジアでは、ブミボン国王の死の公式発表以降、起こっている多くの陰謀がある。ここに、本件に関するタイの白龍会情報源からの生の情報がある。

「彼らは今実行している非常に多くの議論がある。皇太子プラユット・チャン・オ・チャは、皇太子は対国民と喪に服しているので、即位の実行を急がないと声明を発表したのにお気づきでしょうか?何故、皇太子は即位声明を発しなかったのでしょうか?何かが確実に低下している。彼はそう長く王位にはいないであろう・・・それは彼の最初の息子が次の王になることを意味している。

ご存知のように、女王は2012年に戻って他の面に進んだ。このことはバンコクの米大使館に駐在する期間工作員によって私が直接確認した。その時以来、彼女を地位にいる替え玉がいる。替え玉はほぼ一年、公の場で見ていない。

タイ金塊は安全に保管されており、私は誰がいわばその王国への鍵を持っているかを知っている。我がグループの意図は中国とロシアと共に新国際金融システムのためにそれを使うということである。彼らは同様に金塊銀行を設立することもできる。

中国清浄情報源はまた、タイに安全に保管されているペルシャ王室金塊と同様にタイ金塊もなにがあっても悪者の手には落ちることはないと確認している。

一方日本では、首相官邸に近い情報源は、まもなく始める戦争犯罪裁判の聴取のために米国へ送られる準備のために、300人のハザール暴徒とその手先が逮捕され、米軍基地に連れて行かれたと話している。

10月驚きは、今この場にいる人々であり、これからやってくるので、善人が勝っていますので、どうかこの後も楽しんで、全ての憂いに身をやつすことを避けてください。安全上の問題でまだ我々が書けない事が多くありますが、現在の情況を第二次世界大戦と比較するならば、ドイツのベルリンと日本の沖縄のための戦いのようです。今回は核兵器は使われない。

(転載終了)

posted by マジケン at 02:27| Comment(0) | Benjamin Fulford Report